fg0
今回紹介いたしますのはこちら。

「不徳のギルド」第8巻 河添太一先生 

スクウェア・エニックスさんのガンガンコミックスより刊行です。


さて、日頃の疲れをいやすため、慰安旅行に向かったキクルたち。
ミシェリーをゲストに迎えた慰安旅行ですが、モンスターの襲撃だけでなく、魅力的な女子たちに囲まれてお泊りと言う環境によって、キクルの精神の方はさっぱり癒されないようで……



なんやかんやあった旅行も終わり、通常営業に戻ったキクルたち。
通常営業と言うことで、新人たちへの教育も再開となりました。
今回キクルと一緒にメブキの森にやってきたのは、トキシッコ一人。
大人数ではキクルの目が行き届きかないので人数を絞っての特訓となったのですが、ハナバタやひたむきたちはキクルの目が無くてもしっかりと自主練をしますし、そのあたりが心配なメイデナは学校。
そこでトキシッコ一人になったわけです。
久しぶりの特訓と言うことで、普通ならばいろいろと不安も出てくるところなのですが、トキシッコに関してはもともと超火力以外のステータスがゼロ同然。
鈍っていてミスにつながる、ということがない分逆に安心できるわけです!
ですがトキシッコ、そんな手酷い評価を受けてもどや顔を続けます。
そんなに私を侮っていいのかな、どんな攻撃も回避し、即死球の猛毒を持つ「カミカイヒ」を倒したのは、その超火力さんなんだぞ?
にやにやとそう過去の栄光を語ってくるトキシッコ……
確かにあの戦いでは大活躍しましたし、トキシッコのヒロイン力も瞬間最高風速を記録しました。
ですがいくらなんでもその功績を何度も何度もドヤり過ぎと言うものでしょう!
いつまでそれをしゃぶるつもりだと突っ込むキクルですが、トキシッコは悪びれもせずあと4,5年はしゃぶると言い張るのでした。

と、そんな時でした。
二人の耳に、何やら他の冒険者たちの声が聞こえます。
どうやらまだまだ未熟なギルドのパーティーらしく、今日三匹目のスライムをやっつけたと大喜びしておりました。
そのパーティーで目を惹くのが、先輩たちスゴイ!とほめそやしている一人の女性冒険者。
fg1
どうやら彼女、ギルドのパーティーで姫プレイ……オタクパーティーの姫、「オタパーの姫」をしているようなのです!
ちやほやされて不労所得、私の最終目標地点、と不穏なことを言うトキシッコなのですが、不穏なのはそこだけではなさそう。
オタパーの所に、
fg2
トドクマが現れたのですから!!
スライムを退治して喜んでいる連中に、トドクマの相手は到底無理!
オタパーの連中は今まで姫をもてはやしていたことも忘れ、あっと言う間にその場から逃げ出してしまうのです!
のこされた姫は腰を抜かしてしまいます。
トドクマの牙が届く……その直前に、キクルがトドクマの頭を射抜いて彼女を助けます。
オタサーと違ってオタパーは、生死を左右する現場だから窮地に陥ると割と簡単に姫を見捨ててしまう……
いろいろなパーティーを見てきたキクルは、そう言った現実もしっかり知っていたようなのでした。
オタパーの姫はキクルに気が付くと、すかさず考えを巡らせます。
実は彼女、今のパーティーから離脱し、キクルの懐に潜り込むチャンスを探していました。
今の仲間との件でパーティーからの離脱はスムーズにいきそうですし、キクルに近づくのもこの流れならしぜんそのもの!
彼女はすかさずキクルのもとに駆け寄り、助けてくれてありがとうございます、エースのキクルさんですよね、いつも活躍見てます!と、ほめて持ち上げる作戦を取るのですが……
fg3
残念ながらキクル、持ち前の性格上、メディア露出がゼロ。
一年以上エースを務めているにもかかわらず、「活躍を見る」ことができない存在だったのです!!
とりあえず、受付嬢の人が褒めていたからファンになったと方針転換。
コダマから来た「盗賊」のコインって言います、と自己紹介する彼女なのですが……
キクルはコインのことはほとんど見ないまま、エノメさんは例えばなんて褒めてた?とそちらの方を気にしてしまうのでした……

そこはそれとして、コインはパーティーに見捨てられてしまったから、迷惑でなければキクルのパーティーに入れて欲しい、と本題に入ります。
キクルからすると特に断る理由もないので受け入れるのですが、もちろんあのパーティーのように実績を譲るつもりはない、とくぎを刺します。
報酬惜しさに行っているわけではなく、成果をあげれば自然と危険な任務で声がかかるようになるから、命の危険が大きくなる……と、現実的な目で見ているわけです。
コインは自分から欲しがったわけじゃない、むしろ断っているくらいだ、と言うのですが……あの態度でそう言われても説得力はありません!
付け加えれば、キクルはだからこそ問題だと考えるのです。
欲だけで繋がった人間は土壇場で裏切る、今回は「被害者」で済んだが、コインが見捨てる側にだってなりうる、とそう言うわけです。
私はそんなことしません!と頬を膨らませてみるコインなのですが、好きがあったら自分の方が逃げてたかも、と心の中では考えている様子。
キクルの行っていることは完全に正論と言うわけです、が。
そこで何やら、そう遠くない場所から悲鳴が聞こえてきました。
早速そちらに駆け付けると、先ほどコインを見捨てたパーティーが倒れているではありませんか!
体に傷はありませんが、衰弱しきっている。
この森にこんな攻撃方法をもつ魔物は……と考えていると、トキシッコが周囲に霧がかかっていることに気が付きます。
それを聞くとキクル、すぐさまピンと来て、トキシッコとコインに息を止めるよう命じました!!
この霧は、「フォッグス」と言う魔物の仕業です!
体を霧状にして、体内からマナや体力を奪うと言う厄介な魔物なのですが、本来は北東にある「コダマ山」に生息する種のはず。
一体なぜここにいるのか?
と、それを考えるより先にまず対峙することが先決です!
フォッグスはこうして体を霧にしている間は、爪や牙などの物理攻撃ができないと言う弱点を持っています。
その為、呼吸をせずに霧を体内に取り込まずにいればやり過ごせるはず。
どのくらい息を止めていればいいのか、とトキシッコ達が尋ねると、キクルは堪えます。
大体3分、と。
トキシッコとコインは残念ながら体力面は非常にアレ。
無理だよ!と突っ込みながら息を吸い込んでしまい、瞬く間にフォッグスの毒牙にかかってしまいました!!
力を吸われるたびに、何やらあえいでいらっしゃるコインたち……
助けたいところですが、霧になっている間は物理攻撃が効かず、物理攻撃オンリーのキクルはどうにも手を出すことができず……
じっとその時を待つしかないのでした!

3分ほどたつと、能力の制限的な問題でフォッグスはもともとの体に戻ります。
そうなれば、それ以外の特殊な武器をほぼ持っていないフォッグスなどキクルの敵ではありません。
サクッと倒して二人を助け出すのですが、コインは助かるなり不満をあらわにします!
コダマにいても皆「オックリちゃんオックリちゃん」って、キツネ女ばっかかわいがるから目武器に来たのに、こっちでもキツネにいいように弄ばれて!みんなコインちゃんをすこれよ!!
本音をさらけ出してしまった以上、コインももう先ほどまでのキャラを保ってもしかたないと思ったのでしょう。
どうせもともとよく見られてなかったし、とさじを投げるのですが……キクルは、やっと本音で話してくれたな、そっちの方がいいよ、おべっかばかり使われるとどうも人と話してる感じがしない、と微笑みかけました。
するとコインは少し驚いたような表情を浮かべ、ほのかに頬を染め……
私、本当はこんななのに、それでもいいの?
そうキクルに問いかけるのです!!
これはもしかするとキクルに惚れるとかそう言う展開か、と横からにやにやするトキシッコ!
ですがその後キクルから出たのは、
fg4
何をいまさら、コインの腹黒さなんて一目見たらわかるって。
お前打算的なくせに馬鹿だな、という容赦ない言葉!
先ほどまで惚れかけていたコインの表情も固まり……
フラグをへし折ったキクルに、旦那って撃たれ弱いくせに結構抉るよね、とトキシッコは突っ込み空かなかったのでした。




というわけで、新キャラが参戦した今巻。
コインは連載前からキャラもデザインも固まっていたキャラだそうで、ここにきていよいよ満を持して(?)の投入となったようです!
本作の女性キャラは大体すごく大きいかほぼないかどちらかなのですが、初期に固まっているキャラと言うこともあってか、コインは常識的な範囲のスタイルの良さを持っていらっしゃいます。
初期に登場していればキクルもたじたじだった可能性もあるでしょうが、さんざん物凄いものを見てきたキクル、今や見た目だけでドギマギすることは流石になさそうです。
そんなわけでコインの新しい姫になる計画はとん挫し、普通にキクルのパーティーに入るわけですが……
この後物語は本格的にコインのキャラを掘り下げるシーズンになっていき、さらに新たなキャラクターが登場して再び強敵と戦う展開へ!!
最近はぬるめの物語になっていただけに、ここに来ての強敵は厳しそうですが……?
実力的には取り立ててみる所がなさそうなコインは、ここで見せ場を作ることができるのか?
女性キャラなのに最初からキクルの眼中になくなってしまっている彼女が、そっち方面でも見せ場を作ることができるのか!?
さらに何やら混乱を巻き起こしそうなキャラクターの参戦もにおいだし、物語は予測不可能に!
今回のお話も見逃せませんよ!!

勿論他のキャラクターの見どころも用意されております。
慰安旅行編のオチとなるお話では、意外なキャラの意外な素性なども明かされながら、本作らしい堕ちもしっかりと待っていまして、恒例のあのキャラのモンスターとの絡みも披露!!
ハナバタはすっかりラブコメ要因になっておりまして、お色気だけではないそちら方面の活躍も収録されております!
コインの出番も目立つ今巻ですが、きちんと他のメンツも頑張っているのです!!




今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!