sh0
今回紹介いたしますのはこちら。

「シャドーハウス」第8巻 ソウマトウ先生 

集英社さんのヤングジャンプコミックスより刊行です。


さて、シャドーハウスの闇を暴き、「おじい様」の支配を打ち砕こうと奮闘するケイトたち。
ケイトは班長に抜擢され、バーバラからも評価されるなど、ハウス内での地位を高め、屋敷内で動きやすい環境を作っていくのでした。




突如やって来た「大人」、エドワード。
エドワードによって行われた「視察」は、様々な人物に様々な波紋を起こしました。
視察が終わった後、すぐに解散と言うことになり、一同はそれぞれ自分の部屋に戻り始めます。
ケイトとエミリコも部屋に戻ろうとするのですが……
度重なる事件で疲労が重なってしまったのか、エミリコがいきなり倒れてしまったのです!
突然の出来事にケイトは対応できなかったのですが、倒れこむエミリコを
sh1
ルウとベルがとっさに支えてくれたのです
本来、「顔」が何の命令もなく勝手に動くことは許されていません。
サラは勝手に「顔」が動くなんてなにをしているんだ、視察が終わったからって緩み過ぎにもほどがある、と二人をしかりつけるのです。
……ルウとベルからしても、こうして勝手に動くのは「普通」ではないことがわかっています。
ですから、自分でもなぜ今勝手に動き、エミリコを助けたのかがよくわからないようで……
ケイトはそんな二人を見て確信します。
sh2
二人の「珈琲」の効果が薄れてきている、と!
サラの「顔」であるミアは、こどもたちの棟に長くいて珈琲の蓄積が多いため、まだあまり変化はないようです。
ですが、珈琲が与えられず2週間が過ぎたことで、ルウやベルには変化があったのかもしれない。
このまま珈琲を飲むことを回避し続けられたら、こども達の洗脳がまとめて解けるかもしれない……!
そうなると、どうすればこれ以上皆に珈琲を飲ませないようにできるかを早急に考えなければならないでしょう。
次の珈琲がみんなに与えられる「喜びの会」はいつになるのか。
ケイトは、自分がエドワードだったとしたら、今回の視察で新しい珈琲を渡すだろう、と考え、そうなるといつ喜びの会が行われてもおかしくない状況だと推測します。
手っ取り早いのは喜びの会を中止させることですが、強引に中止させると言うのはやめた方がいいでしょう。
ただでさえ大人、エドワードに目をつけられているのに、おおごとになっては本来の目的の達成がさらに遠くなってしまいかねません。
かといって喜びの会が催され、みんなが口にした後吐き出させる、というのも無理な話。
ならば、こうするのが得策でしょう。
sh3
珈琲豆をすり替える!!

成功すれば、珈琲を皆口にするにもかかわらず、洗脳が進まないと言う理想的な展開になります。
ですが豆のすり替えは危険が伴うのも間違いありません。
おそらく豆はバーバラたち「星つき」の住む居住塔で管理しているでしょうが、そのバーバラの部屋くらいしかいたことのないケイトでは警備の様子がわかりません。
警備の様子もわからないのに忍び込んで、どこにあるかも核心の持てない豆をすり替えるのはあまりにも困難……
そんなことを考えておりますと、ルイーズが話しかけてきます。
班長がそんな憑かれた顔しないでよ、トレーニングが足りないんじゃない?ベンジャミンが教えてくれるよ?
なんでもルイーズ、最近は体を鍛えようとベンジャミンの所へ行ってトレーニングに励んでいるようなのです。
ということは、ルイーズは星つきの居住塔に出入りしている、という事でしょう。
ケイトはルイーズをそれとなく誘導し、居住棟の話を引き出すことにします。
ルイーズはまんまとケイトの策に乗り、ケイトの求めている情報を教えてくれました。
4階にあるトレーニングルームは、ウェストウィングやメインハウスが見えて景色がいいのよ。
でも1階を探索してたらスザンナに怒られちゃった。
血相変えちゃって、絶対珈琲を隠している部屋があるのよ!
さらに話を聞いていくと、塔の中に星つき以外でいるのは世話係の顔の見えない人形だけで、居住塔は18時には閉門して締め出されてしまう、ということがわかりました。
18時に閉門する、ということは尚更ぐずぐずしていられません。
早速行動を起こそうとするケイトなのですが、そこでサラが話しかけてきました。
今から圭人の部屋に行って、今後のことについた話がしたい、というのです。
今までつれない態度を取ってきたサラの方からケイトにそう言ってくれるのは嬉しいところですが、今日だけはゆっくりしていられません。
今日は私もつかれてしまっているから明日でいいだろうか、と断り、そそくさとその場を去ります。
……その様子をサラは、ほくそ笑みながら見送っています。
サラがケイトに話を持ち掛けたのは、和解したいからではありません。
今でもサラはケイトを憎んでおり……ある目的でケイトの様子をうかがっていたのです!!

そんなサラの本当の目的を知らないケイトは、居住塔に向かって走っていました。
それに気が付いたジョン達も、どうやらケイトたちを手伝ってくれそうです。
走りながらケイトは、エミリコに今の状況を伝えて行きます!
sh4
バーバラは修練の間に、オリバーは研究の間にいて、ベンジャミンはトレーニング中で、ルイーズの指導をしている。
ということは、スザンナと顔の見えない人形さえ回避できれば、珈琲保管室に入ることができる!
珈琲豆のすり替えをするのは大きな賭けではあるものの、現在のこどもたちが珈琲を2週間以上飲んでいないと言う今の状況は奇跡的なこと。
マリーローズたちが作ってくれたチャンスを、最大限に生かすこの賭けに出ない手はない……!!
居住塔の閉門までは残り30分。
やるしか、ありません!!



というわけで、大勝負に出たケイトとエミリコ。
この勝負に勝つことができれば、こどもたちの洗脳がさらに薄れていくことでしょう。
そうなれば今はジョン達だけである仲間も増やしていくことができるはず!
ルイーズやパトリックと言った同期達を仲間に加えることができれば、心強いでしょう!!
ですがやはりその勝負は難しいもの。
1階にあるであろう珈琲保管室自体はおそらく特定するのは難しくないでしょうが、スザンナと顔の見えない人形に見つからずに珈琲豆をすり替えるのは簡単ではありません。
当然スザンナも豆の扱いには注意を払っているでしょうから、無防備にただ置いてあるはずがないのですから。
しかも時間は30分ほどしかないわけで。
見付かれば全ては終わり。
ケイトが今まで屋敷に騒ぎを起こしていたものの一人である事もばれ、その後どんな処罰が待っているかもわかりません。
絶対に失敗できないこの勝負、ケイトたちは成功することができるのでしょうか!?
数々の難関が立ちはだかってくるこの作戦、その最中にまさかの出来事が巻き起こって行きます!!
緊迫の展開と、予想外の出来事が連続するすり替え作戦、その結末は……!?




今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!