km0
今回紹介いたしますのはこちら

「今日から未来」第2巻 吉富昭仁先生 

小学館クリエイティブさんのヒーローズコミックスふらっとより刊行です。


さて、幼馴染の未来に突然告白された今日子。
しかもその告白、ただ好きだと伝えただけではなく、「自分に何をしてもいいしさせてもいい、ただし高校生の間だけ」と言う奇妙なものでした。
未来はその高校生の間に、、今日子に自分と正式に付き合うかどうか決めて欲しいと言います。
幼馴染として未来のことは好きな今日子ですが、女の子同士で付き合うとかは絶対にない、と思ってはいたものの……?




奇妙な噂を聞きました。
それは、未来が女の子好きだと学校で噂になっている女の子、奈々先輩と腕を組みながら視聴覚室に消えていく、と言うものでした。
聞いてみれば未来はあっさりそれを認めたものの、自分が好きなのは今日子だけ、奈々先輩とは「いろいろ勉強」してるだけ、だと言うのです。
なんだかすんなりと納得はできない今日子ですが……未来もそれは察知していたのか、ある日突然、今日の昼休みに視聴覚室に来てくれ、と言いだすのです!
今日子も参加していいよ、どうやったら女の子が気持ちよくなれるのか知りたいでしょ?
私は今日子と一緒に気持ちよくなれるのが一番なんだから。
そう言って、鼻歌交じりに未来は立ち去っていくのでした。

今日子とはそう言う関係になるつもりはない、と思ってはいるものの、やはり「自分が好きだ好きだと言い続け、ずっとくっついてきた彼女が、別の女の子と頻繁に一緒にいると言うのは気になってしまいます。
視聴覚室で何をしているのか?
km1
考えれば考えるほど、今日子は気になって来てしまい……

昼休み、今日子は一人校内を何となく歩き始めます。
未来はどうして自分のことが好きなのか?
そもそも女の子に小倉れるとか、思いもしなかった。
そんなことを考えながら歩き続けていますと、女子たちの黄色い声が聞こえてきます。
興味がわいた今日子、その騒ぎの方に向かいますと、なんでもテニス部にテレビの取材が来ているのだとか。
取材が来るのはテニス部が強いから……と言うのもあるのでしょうが、最大の理由はテニス部の部長、瑞希先輩のスター性によるところが大きいようです。
km2
人ごみの中央にいる彼女、瑞希先輩は、ショートカットの似合うりりしい顔立ちの女性で、ラケットを持って立つその姿も様になっております。
今日子も瑞希先輩を見ては、カッコイイ、と素直に称賛するしかありませんでした。
そんな瑞希先輩を見る女子たちは、憧れのまなざしを注いでおります。
女の子が女の子に憧れることも普通にあるわけだし、好きになることだってあるのか……と思った今日子ではありますが、あの未来が自分に憧れるとも思えません。
憧れと好きはやっぱり違うのかな、と笑う今日子。
するとその視界の端に、腕を組んで歩く奈々先輩と未来の姿が飛び込んできました!
思わず身を隠して様子をうかがう今日子。
どうやら二人は今から視聴覚室に行くようです。
何となく隠れてしまった今日子ですが……どうしようか、と考えていると、そこに声をかけるものが現れます。
キミ、1年の今日子ちゃんだよね?
そうやって声をかけてきた人物とは、なんと
km3
瑞希先輩だったのです!!
しかも彼女、ずっと今日子と話してみたかった、というではありませんか!
狼狽える今日子に、瑞希先輩は尋ねてきます。
今日子ちゃんさ、みらいちゃんの事、「彼女」として、アリなの?ナシなの?
思いがけない人物が現れ、接点がないと思っていた自分と話したいと思っていて、しかも未来を彼女として見られるかどうかを尋ねてくる。
予想外の出来事の連続に、今日子は流石に戸惑ってしまいました!!
あわあわするばかりの今日子に瑞希先輩は、未来ちゃんって、なんかカワイイよね、と言いだして……!
まさか瑞希先輩も未来のこと狙ってる!?
またまたうろたえてしまう今日子ですが、瑞希先輩はそんな今日子の手を取り、行くよとどんどんと歩きだしました!
そして前を歩く未来と奈々先輩がトイレにないって言ったのを見計らい、そのまま視聴覚室の中へ!!
中に入ると瑞希先輩は机の下の大きめの戸棚を指し、そこに隠れよう!と今日子をその中へと押し込んで、自分も中に入っていくのです!
まともに顔も見えない暗闇ではあるものの、机の下と言う狭い空間で密着するほどの距離になる二人。
狼狽えが止まらない今日子に、瑞希先輩は狭いね、ごめん、と軽く謝ってから、言うのです。
km4
ひょっとして未来ちゃんにここへ来るように言われた?
実は私も呼ばれてたんだよね。
今日子が事態を飲みこめずにいる間に、未来と奈々先輩が視聴覚室に入ってきます。
今日子こないなあ、と不満げな未来の様子を、機材のコードを通すための小さな穴から伺いつつ、呼ばれて瑠奈から暮れなくてもいいんじゃ、とようやくまともな返しをすると……
瑞希先輩はその穴から二人を指し、こう言いました。
まあまあ、ちょっと二人の様子、見てみよーよ。
……未来と奈々先輩の「勉強」。
二人はその様子を、この後目撃することになるのです!!





というわけで、新キャラクターの登場する今巻。
今までは基本的に今日子と未来の二人で物語を進めていたわけですが、ここにきて瑞希先輩と奈々先輩と言う二人の新キャラクターが登場します。
そしてこの後わかるのですが、瑞希先輩と奈々先輩は、今日子と未来と共通点を持っていることがわかるのです!
自分達と共通点を持つ二人が登場する、それだけでは終わらないのが吉富先生作品です!
未来と奈々先輩がしている「勉強」それは思っていたものとはだいぶ違うもので、それを今日子たちが盗み見することによって、今日子と瑞希先輩の関係も不思議なものになっていくわけです!!
さらにこの今巻に収録されている本編の最後には、本作にとんでもない波瀾を巻き起こしそうな発言が待っています!!
いわゆる「激動の展開」とはあまり縁のなさそうだった本作ですが、その発言でもしかすると今日子たちの関係が大きく変わってしまうかも……?
吉富先生らしい独特の雰囲気の本作、これからの展開に期待せざるを得ませんね!!

ちなみに今巻では瑞希先輩と奈々先輩のサービスシーンが収録。
未来とは違った魅力を持つ二人、その魅力がいかんなく発揮されております!
これからは今日子と未来だけでなく、この二人の魅力もどんどんと描かれていくことでしょう……!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!