hit0
今回紹介いたしますのはこちら。

「HITS(ヒッツ)」第2巻 原作・柴田ヨクサル先生 作画・沢真先生 

小学館クリエイティブさんのHCヒーローズコミックスより刊行です。


さて、少年殺し屋、富田結途(トミタユズ)の前に突然現れたもう一人の自分。
殺しのターゲットとしてもう一人の自分を殺せと言われたユズですが、なんやかんやあって師であり育ての親替わりでもある駒谷のもとで一緒に暮らすことになってしまいます。
そしてとうとうもう一人のユズは、双子の女の子「ユズコ」として学校にまで通いだしてしまいのでした!




二人で仕事するようになったユズたち。
今や双子のヒットマン「ヒッツ」として、殺し屋界隈で名が通り始めているのです。
ゆず本人ももう一人の自分がいるということにすっかり慣れ、当たり前ではありますが、一番気の合う友人のように日常を送っていくのでした。

そんなある日の事でした。
ゆずの通っている学校に、とある有名人がやってきました。
やってきた、というのは少し語弊がありまして……その有名人、この学校に通っている生徒です。
その名も唐墨時世。
絶賛売り出し中の女優です!
そんな彼女が今日目指しているのは、ユズのところでした。
彼女は固い決意を秘めてそこに向かっています。
その決意とは……今から、ユズに告白する、というものなのです!

時世がユズを好きになったきっかけは、小学四年生の時のことです。
特に何もなく過ごしていた時世なのですが、突然クラスの女子にめちゃくちゃに切れられてしまいました。
「男子にモテてるからって調子に乗ってるでしょ」「かわいいからって調子こくなって言ってんの!」とのことです。
他人の怒りは自分の知らないところで勝手に育つ……
そんな自分のあずかり知らないところで怒り、ぶつけてくる女子たちを見て、時世の気持ちは急激に冷めてしまいました。
女子は勿論のこと、男子たちも含めて周りのクラスメイト達が全員急に「ガキ」に見えてしまったのです。
時世はその後女子たちに無視されることになるのですが、それは逆にガキとかかわらずに済んで居心地がいい、とまで思っていました。
この事件は孤立するというダメージを時世が負った事件のようにも見えたのですが、彼女にも得るものはあったのです。
それは、自分が「カワイイ」ということに気が付けたということ!
そうやって自信がついてきたこともあり、時世は無視にも全くめげずに学校生活を過ごしていたのでした。
ですがまだ事件は終わりません。
心が折れなかった時世に、いじめの首謀者的な女子が、武闘派系の男子を引き連れて実力行使を仕掛けてきたのです!
学校辞めろというその女子に、正家区政が小学校辞めるとか意味が分からない、と返す時世。
するとその女子は、男子たちを引き連れていたことで気が大きくなっていたのでしょう、いきなりビンタしてきました!!
自分の立場わかった?といやらしい笑みを浮かべる彼女に、時世はビンタ三連発で応戦!!
私の立場をあんたが決めないで、と返したのでした!
ですがそこで男子たちが動きました。
てめえ、いい加減にしろ、と武闘派系男子が数名、かわるがわる時世をひっぱたいてきます!
いい加減にしろって、私が何かした?女子たたく男子なんて終わってるわ、と涙をこぼしながらなおにらみつける時世。
そんな態度と、痛いところを突く言葉に男子たちも本格的に切れてしまったようです。
うるせぇ、とさらに時世を強く殴りつけてきたのでした。
女子たちがしっかりと根回ししたようで、そこには先生も通りがかることはなく、助けに来る者もいない……はずだったのでしょう。
そこに、ユズが現れたのです!
hit1
ユズは何も言わず、男子たちを瞬く間にノックアウト!!
そのとんでもない強さにいじめていた女子たちは蜘蛛の子を散らすように逃げていき、そしてユズも何事もなかったかのように帰っていってしまったのでした。

時世はそこから、自分の人生が決まったと確信しました。
あれは私に起きた奇跡。
私は、富田君のものになる。
そう言って、時世はゆずの顔を両手で抑え、
hit2
キスをしたのでした!!

私は富田君が何か、ただものじゃないってことは何となくわかってる。
だから釣り合うように文武両道、パーフェクトレディになって、女優にもなって自分の付加価値を限界まで上げたの。
あの日から富田君が死ぬほど好き。
私と付き合ってください。
情熱的なキスから、さらにそれを超えるほどの情熱のこもった愛情を明かす時世!
今や日本中で大人気の彼女にこんな告白をされるなど夢物語のような出来事なのでしょうが……
ユズは誰よりも信頼している駒谷と、「彼女は禁止」という殺し屋としてのカタい約束をしていました。
なのですぐさま、ごめん、無理、と答えます!!
流石にショックを受けた様子の時世ですが、彼女はここであきらめたりはしませんでした。
物凄い勢いで涙を流しながら、こういうのです。
hit3
断るなら、もっと好きになっちゃうけどいいの?
富田君への愛の炎が、もっと熱く激しく渦を巻き、天空を焼くほど燃え上がっちゃっても、それでもいいの?
とりあえずこの場は去るわ。
「全力女優笑い」でね。
そして宣言通り、彼女は大きな笑い声とともに立ち去っていくのでした……!

ユズをして、殺し屋より怖かったという時世の告白。
皆の羨望の瞳を一身に浴びる時世ですから、学校を歩くだけで動画を撮っちゃうものもいます。
そのせいで告白の様もばっちり動画に撮られていまして、なんとその動画はネット上にアップされてしまい、日本中に知られてしまうことになるのです!!
ですがそれでも時世はなおあきらめません!
日本中が知ろうと、私は富田君に告白し続ける。
そんな決意を新たにする時世なのですが……そこでとんでもない事態に巻き込まれるのです!!
駅で電車を待っていた彼女の背後から、謎の男が近づき、時世に二本の針を刺してきます。
その針はツボか何かを刺激しているのか、時世は全く動きが取れなくなってしまいました!
そんな時世に、男はささやくのです。
告白動画見ましたよ、あなたの大ファンです。
でも、
hit4
あなたを殺すことにしました。
あなたを殺すには5億かかりまして、その準備もあるので今は殺しません。
あなたは殺されるまで、震えて自分の罪をしっかり自覚してください。
そういうと男は、時世から針を抜き……いずこかへと消え去ってしまうのでした……!!




というわけで、強烈な新キャラクターが登場する今巻。
柴田先生作品と言えば恋愛要素が欠かせないところで、この時世はそんな柴田先生の描くキャラクターらしい、どストレートに恋愛感情を伝えてくるタイプの様です!!
ふられてもへこたれない彼女はこの後もユズにどんどんとモーションをかけてくるわけなのですが……そんな時彼女は殺人予告を受けてしまうわけです!!
そして時世を中心にしたお話が進んでいくわけなのですが、「強烈な新キャラクター」は彼女だけではないのです。
このシリーズに密接にかかわってくる新キャラクターが、時世を除いて複数名さらに登場!
その中には、どうやらゆずが二人になった理由を知っているらしい人物もいて……!?
その新キャラクターたちが一堂に会し、時世が殺されるか、守れるか、ユズが二人になった理由が明かされるのか、といった見どころが満載の、予想もつかないとんでもない大混迷のシリーズとなっていくのです!!

そんな注目のシリーズの他、ユズや駒谷の過去が描かれる過去編も収録!!
謎の多いユズと駒谷の関係がど宇やって築かれていったのかが垣間見られるエピソードとなっております!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!