fg0
今回紹介いたしますのはこちら。

「不徳のギルド」第7巻 河添太一先生 

スクウェア・エニックスさんのガンガンコミックスより刊行です。


さて、今日も今日とて後進の育成に精を出し、別の精も出しそうになってしまうキクル。
前巻ではなんだかシリアスな出来事が起きてしまいましたが、今巻ではどうやら以前通りのお話が展開するようです!!



ある日、キクルはエノメさんから慰安旅行に行くように勧められました。
少し前まで、ガードが少ないため私的な時間が少なくなり、廃業するために後進の育成をし始めたはずのキクル、そんな状況で慰安旅行なんて言っていいのかと首をかしげます。
ですが最近になって、ガードが増えてきていると言うではありませんか。
それは前巻の事件を受け、次代のエースを目指して頑張るガードが増えたから、なのだと言います。
しかしそれならばエースを目指すガードが増えるのはお隣のコダマのギルドになるはずなのですが……
ここに集まってきているガード、コダマはガードの層が厚いから簡単にエースにはなれない、でもここ「メブキのエース」は聞いたことないから比較的簡単にエースに慣れるに違いない、と踏んでいるのです!!
……そのメブキのエースであるキクルからすると、なんだか釈然としない話ですが……まあ、休みが取れるのはいいことです。
いつもの面子に加え、ミシェリーにオックリ、カンゼボウを誘って行こうと言うことになったのでした。

が、オックリにはあっさり断られてしまいます。
先日の事件があったばかりに中で旅行なんて言っていることがばれたら面倒なことになる、とのこと。
そうなると当然カンゼボウも不参加になるわけです。
続いて連絡を取ったのはミシェリーです。
彼女は電話を受けると、私も行っていいの?とまんざらでもない雰囲気。
ですが彼女が一番喜んでいたのは、自分の存在を覚えていてくれた、と言う事でした……!
なんでもミシェリー、
fg1
小中高とずっと一緒のクラスだった子に、「名前なんだっけ?」と聞かれたことがあるようで。
本人は割とあっさり語ってくれましたが、なかなかどうしてヘビーな過去をお持ちです!
そんな暗い過去はともかく、近頃は魔物も現れず、元住民のガードも校庭で警備に来てくれるようになったから参加できる、とのこと。
ミシェリーの参加を聞くと、ひたむきやハナバタは大喜びした……のですが……
一人ちょっぴり浮かない顔をしているのがメイデナでした。
ひたむきとハナバタの、二つの意味で弾む胸を見つめ……水着ぃ、とつぶやくのです……

5日後、芽吹きから電車で2時間ほどのところにあるブル県・フクロウ海浜が旅行の目的地です。
海と温泉が楽しめるこのフクロウ海浜、なかなか心躍る光景です!
ついつい海に向かってバカヤロー!と叫んでしまうトキシッコ。
キクルはそんな彼女に、自己紹介しなくていいから荷物沖に行くぞ、と声をかけ、手配してある宿に行くのでした。
温泉旅館「オオシオ」は、エノメさんのお母さん、テースが女将を務めている宿です。
話は娘から聞いています、と出迎えてくれたテースですが、物凄く若々しくてびっくり。
そして、その後のテースの言葉にはさらにびっくりすることになります。
早速ですけど、御部屋割りはいかがいたしましょう?
人数分ご用意することもできるのですが、その、
fg2
例えば大部屋で皆様ご一緒に楽しまれるのか……それとも、2人部屋で毎晩別のお相手と励まれるのか……
ごめんなさい、こう言うケース初めてで……
fg3
何か勘違いをなさっている!!
キクルのツッコミも少し遅れてしまう勘違い。
エノメさんから「エースの男性が慰労のためたくさんの女性と泊まる」と聞かされていたため勘違いしたそうなのですが、さすがにそんな事するはずもないでしょう!
とりあえずオレは個室で、女子たちとは絶対別けてください!とお願いするキクル。
ですが、キクルは忘れておりました。
ノマが男の子である、と言うことを!!
何か勘違いをなさっている!!と今度はノマがが突っ込みまして、男女で部屋を分けるならマスターとボクは同室だよ、と言うノマですが……
ノマとキクルが同室、と言うことを反芻したトキシッコ達、何か間違いを起こす気がする!と声を合わせて突っ込んできました!!
冷静になれノマ、お前の尊敬するマスターだって一人のオスなんだぞ、と説き伏せようとするトキシッコですが、野間からすればそれの何がおかしいのか分かりません!
だから安全なんじゃないか、とみんなに返しまして……
そっとキクルに視線を投げかけ、マスターは僕と一緒じゃない方がいい?と尋ねてくるのです。
キクルは少しの沈黙の後……
fg4
安心しろ、夜の飲酒は控える、と答えたのでした……!
そんな夜の不安(?)はないではありませんが、とりあえず今は海を楽しみ、その後の温泉も楽しみたいところ!
こうして一同の慰安旅行は始まるのです!!
あんなトラブルや、こんなトラブルが待ち構えていることも知らないまま……!!



と言うわけで、慰安旅行編がスタートする今巻。
海+温泉と言うことで、自然と水着回と温泉回がやって来るわけです。
それ以上のことを平気でやってくる本作にいまさら……と思う方もおられるかもしれませんが……
水着回と温泉回をやりつつ、そのそれ以上のこともやってくれるのが本作ですよ!!
対策が施してあってこの浜では本来起きないはずの魔物とのアレコレも、当然のように巻き起こり、彼女たちのあられもない姿が収録!
そして今回はおなじみの四人に加え、ノマとミシェリーも参加しているわけで、彼女たちの魅力もいろいろと描かれるのです!!
もちろんノマは男の子ですから、温泉は当然キクルと一緒。
そう、キクルと一緒なのです。
彼の理性は踏みとどまれるのか?
ひょっとすると最初にノマが手を出してしまうのは彼だったりするのか……!!
もちろんあるノマの水着姿とともに、お楽しみに……!!

そして恒例の描き下ろしのおまけ漫画も収録!
前巻までの続きが描かれるわけなのですが……こちらもなかなかどうして攻めている内容になっております!
メイデナのお友達のリリィとユリンがが活躍するお話となりますが、その名前通り……まぁアレな内容なわけです!
カバー下本体の描き下ろしも含め、おまけも大充実の一冊となっておりますよ!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!