mk0
今回紹介いたしますのはこちら。

「メガネさんは意外とかわいい」第1巻 新居さとし先生 

少年画報社さんのYKコミックスより刊行です。


新居先生は00年ごろから活躍されている漫画家さんです。
デビュー作であり初連載作でもある「地球防衛OLいちご」や、シリウスで連載された「あくはむ」など、ドタバタコメディを得意とする新居先生。
本作はそんな新居先生久しぶりの商業単行本となります。
同人誌でシリーズ展開していた作品をブラッシュアップした作品なのですが、気になるその内容はと言いますと……?



その日、クラスに転校生がやってきました。
黒ぶち眼鏡におさげと言う、絵に描いた様な地味眼鏡キャラと言った風体の彼女、永見アンジェ。
彼女は自己紹介で名乗った後、こう付け足しました。
mk1
「メガネ」って呼んでください、と。
……突然のメガネ呼び要求にきょとんとするばかりのクラスメイト達。
何となく滑った空気を感じ取ったメガネさん、慌ててフォローにもならないフォローを始めました。
ち、違うんです、違わないけど、ずっとそう呼ばれてたので……と、そんなことを言ってもすぐには収拾がつかなそう。
猛自己紹介を打ち切り、とにかくよろしくお願いします、と勢いよく頭を下げるのですが、その勢いも強すぎたようです。
思い切り教卓に顔面をぶつけてしまい、眼鏡のパッドが目に直撃!!
悶絶したメガネさん、そのままバランスを崩して転んでしまいます。
そして文字通り教壇から転げ落ち、今度は床にしたたか顔面をぶつけてしまい……
動かなくなったメガネさんに、大丈夫か、と尋ねるクラスメイト。
メガネさんはすぐ起き上がり、ダイジョーブれす、と答えるのですが、
mk2
その鼻からはものすごい勢いで鼻血がしたたり落ちております!!
そこでメガネさんが心配したのは、このままでは鼻血が床に滴って汚れてしまう、と言うところでして。
あわあわするばかりの彼女に、クラスメイトのタカハシくんがティッシュを差し出してくれました。
mk3
ティッシュは鼻に詰めると血管を傷つけることもあるから、拭き取るだけにした方が良いよ。
優しい笑顔と気遣いの言葉も添えてくれたタカハシくん。
メガネさんのハートは早くもキャッチされてしまったようで……
タカハシくんを見つめながら、はい、と呆然と答えるのです。
……鼻血を滴らせまくりながら……!
そして先生に命じられるまま、タカハシくんはメガネさんを保健室に連れて行くことになりました。
メガネさんはケアしてくれるタカハシくんに頬を染めながらありがとうございます、と頭を下げます。
改めて彼女の顔を見たタカハシくん、何かを感じたような表情を見せますが……
出てくるのは、鼻血はうつむいて小鼻を強く抑えると止まりやすいよ、と言う冷静なアドバイスでした……
教室を出て行く時に持顔面を柱にぶつけたりしながら出て行ったメガネさん。
それを見送るクラスメイトは、みなこう思ったと言います。
これは、えらいヤツがやってきたぞ!


それから二年の月日が経ちました。
いざ付き合いが始まると、メガネさんは特にえらい奴と言うこともなく、フツーでした。
フツーのメガネでした。
今や仲良しのチビちゃんとシンゲキちゃんというお友達もできまして。嫌やっぱりフツーじゃない、残念なメガネだ!と冗談を言い合う関係になっております。
高校生になっても二人と一緒のクラスになれたことはとっても嬉しいことですが……チビちゃんはメガネさんにこう言いました。
まあタカハシも同じクラスになったしよかったじゃないか、と!
メガネさんは顔を真っ赤にしながら、別に私はタカハシくんに対して好きとかそんなこと思ってないし、そりゃ優しいし良い人だし動物好きだし気が合うなぁとか考えたりするけど、別に特別な何かは……と大慌てで否定するのです!
が、慌て過ぎたせいでまたバランスを崩してしまうメガネさん。
いつかのように転がり、今度はメガネのブリッジが鼻に刺さって鼻血を出してしまうのです。
大慌てのメガネさんに、またまたたまたま近くにいたタカハシくんが心配してやってきまして……
mk4
慌てがさらに加速するメガネさんの様子を見て、チビちゃんはつぶやくのです。
変わってないなメガネ。
相変わらずだなメガネ。




と言うわけで、メガネさんとそのお友達の日常を、ラブコメ成分を交えて描いていく本作。
主役となりメガネさんですが、メガネキャラなのに賢いわけではなく、慌てん坊でうっかりやのドジっ子。
様々なやらかしをしてしまうのですが、そんなところが憎めないいいキャラをしてらっしゃいます!
そんな彼女を取り巻くチビちゃんやシンゲキちゃん、タカハシくん、それに妹のカッシィと言ったメンバーも個性派ぞろい!
海に行ってもメガネを取らないメガネさんの徹底的なメガネキャラの徹底ぶり、アクティブに動き回るお話の引っ張り役となるチビちゃん、一番の常識人で大きな体と大人しい性格を備えたシンゲキちゃんなどなど、様々なキャラクターがお話をにぎやかに盛り上げてくれるのです!
下着を吐き忘れて生でタイツを穿いて学校に来てしまったり、日焼け跡が痛いから半裸で縁側でぼーっとしてしまったり、乗せられてとんでもない布の少ない水着を買ってしまったり……
そんなメガネさんのアレコレを、様々なキャラクターの活躍とともにたっぷりとご堪能下さい!

カバーの折り返しや本体などにも描くおろしや収録され、隅々までメガネさんのドジと、意外な(?)可愛さが楽しめる本作。
今後もいろいろとやらかしてくれるであろう彼女の日常に期待するしかありませんね!!




今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!