jk0
今回紹介いたしますのはこちら。

「呪術廻戦」第13巻 芥見下々先生 

集英社さんのジャンプコミックスより刊行です。


さて、渋谷での激しい戦いが続く今巻。
悠仁と脹相との戦いが予想外の結末を迎えるなか、別の呪霊と呪術師の戦いも激化していって……?



七海、真希、直毘人の三人は、一体の特級呪霊、蛇艮と対峙していました。
七海や真希はもちろんですが、直毘人の能力の凄まじさによって蛇艮を圧倒するかと思われたのですが、相手も特級呪霊。
もうひと押しか、というところで領域展開されてしまいました。
気が付けば南の島の波打ち際、とでも言うしかない風景の中に立っていた三人。
領域の中といえば完全なる相手の土俵の中、何が起きるかわかりませんし、絶対的に不利な状況に陥ってしまっていることは町がありません。
一切の油断なく蛇艮の様子をうかがっていた三人なのですが……
全く油断がなかったにもかかわらず、七海と真希の体が食いちぎられてしまいます!
水中から、ピラニアか何かの様な、牙の鋭い魚が現れ、2人に噛みついてきたのです。
が、ただ噛みついたわけではありません。
領域の必中。
攻撃が当たるまで気がつけない……いや、当たるまでそこに存在すらしていなかったのです!!
これでは攻撃が来る前に迎撃し、防御することなどできようはずがありません。
まさしく防御不能の攻撃……のはずだったのですが、直毘人だけはわけが違うようです。
防御不能のはずの攻撃を、無傷で迎撃している直毘人、
jk1
その技の名は秘伝「落花の情」。
自らの体だけの範囲の領域の様なもののようで、必中の術式が自身の体に触れた瞬間、呪力が発動して自分の身を守る能力です!!
ですが蛇艮もまた実力者。
最初の一撃はあくまで三人の力を図るための小手調べでした。
直毘人へ7、七海に3、と力の割り振りを調整した術式を解放……!
「死累累湧軍」を発動したのです!!
もはやどんな術式なのかは、一目見れば明らかです。
蛇艮の周りを無数の巨大な魚が取り囲みます。
おそらく、その無数の巨大な魚で、先ほどの必中の攻撃を仕掛けてくるのでしょう!!
七海は一瞬でそれを察知し、真希に告げました。
アレはまっすぐこちらに向かってくるわけではない、次の瞬間には私たちの肉を狙っている!!
考えてはダメです、触れられたと感じたら片っ端から叩き落としてください!
ほとんど呪力のないあなたにはそれしか……
その言葉が言い終わる前に、七海に魚が食らいつきました!!
同時に直毘人にも襲い掛かってきます!!
落花の情によって防御はできているものの……その攻撃の勢いは一切衰えることがありません。
これはまさか、と考えたその瞬間、
jk2
蛇艮による直接の攻撃が直毘人を殴りつけてきました!!
無数の魚によって、視界が奪われ、気が付くことができなかったのです!
そして宙を舞った直毘人に、さらに大量の魚が食らいつき……!!
これこそが死累累湧軍の恐ろしさ。
なんとその数に限りがないと言うのです……!!
そして蛇艮は真希の方を振り返ります。
数匹の魚に食らいつかれている真希。
そんな彼女に蛇艮は言うのです。
弱い、お前が一番。
そんな言葉とともに、ハイキックを見舞う蛇艮!!
彼からすればこの一撃で真希はリタイアすると思っていたのでしょうが、真希もそれほどやわではありません。
すぐに立ち上がり、弱いって言うなら一撃で殺せやタコ助!!と見えを切るのです!
ですが心の中では、この状況がまずいと言うことはしっかりとわかっている真希。
一級術師ではあるものの、呪力がほとんどない真希は、その鍛え上げた戦闘技術を活かすためにあらかじめの準備が必要になります。
ですがその準備にも限界がありまして、蛇艮の様な超大物を倒すための準備は、許可を取らなければできません。
実は真希、申請はしていたのですが、出発に間に合わずに伏黒に持たせていたようで。
許可が下りるの待たずに持ち出してしまえばよかった、と後悔する真希なのですが、そんな事情など蛇艮に関係のない事。
ならばお前を二人の様に食い尽くしてやる、と攻撃を仕掛けようとしたその瞬間のことでした!
jk3
伏黒が領域展開を行い、乱入してきたのは!!
そして伏黒は真希が望んで止まないものを渡してくれます。
しっかりと受け取った真希は、にやりと笑って言いました。
お前ってやつは本当に、
jk4
クソ生意気な後輩だよ!
かつてあの夏油が愛用し、そして今は真希の愛用の武器となっている……特級呪具、「游雲」!!
真希の反撃は、ここから始まります!!




というわけで、渋谷事変がまだまだ続く今巻。
一級術師三人がかりでも劣勢を強いられる蛇艮ですが、伏黒の参戦と、游雲の入手によってその戦況は変わる……はずでした。
ですがこの後、確かに戦局は変わるものの、それは予想とは全く違う方向に代わっていって……!!
まさかの展開が待っている、VS蛇艮!!
一体どうなっていくのか、誰が生き残るのか!?
見逃せない戦いはまさかのクライマックスに向かうのです!

そしてその一級術師組VS蛇艮戦の決着から、物語はさらに急展開!!
蛇艮戦から始まるまさかの展開が、さらにそれを上回って行くまさかの展開となっていって……!!
クライマックス間近となる渋谷事変、まだまだ激しい戦いと目まぐるしい展開は続いていくことでしょう。
誰が生き残れるのか、どちらの陣営が笑うのか。
依然見逃せない本作、今後も必見です!!




今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!