ky0
今回紹介いたしますのはこちら。

「ケンシロウによろしく」第1巻 ジャスミン・ギュ先生 

講談社さんのヤンマガKCより刊行です。


ジャスミン先生は「神アプリ」「怨み屋本舗」の栗原先生のチーフアシスタントをつとめ、その後デビューした漫画家さんです。
代表作は15年より連載し、アニメ化、実写ドラマ化を果たした「Back Street Girls」。
連載デビュー作から大ヒットを飛ばしたジャスミン先生注目の新連載、タイトルからしてただごとではない雰囲気が漂ってまいりますが……?



沼倉孝一。
全ての始まりは、彼が10歳の時に起こった事件でした。
彼の唯一の家族だった母。
彼女が書置き一枚を残して、彼の前から消えてしまったのです。
原因は母と恋人関係だった極道。
あいつがいなければこんなことにはならなかった。
ky1
あいつ、絶対殺す。

沼倉少年はそれ以来、その極道、木村を殺すための努力に明け暮れることになります。
彼がその為に手を取ったのは……「北斗の拳」でした。
武論尊先生原作、原哲夫先生作画の、あの「北斗の拳」です。
沼倉少年はそれを読んで、理解します。
ツボ。
ツボを圧すだけで人を殺せる!!
沼倉少年はケンシロウになるため、北斗の拳を読んではトレーニング、トレーニングをしては北斗の拳を読む、という日々を繰り返しました。
そしてそんな日々を繰り返すこと10年、沼倉少年が沼倉青年になるころ、ようやくその身体はケンシロウと同等のものに仕上がり、そして……作中の技も手にしたのです!!

そして沼倉は木村の下へ向かいました。
夜の路地裏で、部下の二人とともに歩いていた木村。
それが憎い相手本人であることを確認しますと……
怪鳥音とともに、北斗百裂拳も真っ青な連打を放ちます!!
その技は全て的確にヒット!!
その身に魔性の拳を受けた木村は……
ky2
んじゃゴラァ!とブチ切れて沼倉をぶん殴ってきまして。
すかさずそのまま囲んでぼこぼこにしようとした木村ですが、沼倉はそこでちょっとまって!と三人を静止し……こう決めたのです!
お前は三秒後に死ぬ。
……………
何秒経ったでしょうか。
いたたまれなくなった沼倉は、お前はもう死んでいる、ともう一つきめ台詞を行ってみるのですが……
もちろん何も起きるはずがありません。
沼倉はただのアレな人と思われたのでしょうか、ぼこぼこにされるだけで許してもらえたようです。
ですが……沼倉の中には大きな大きな悶々が残ってしまいます。
全然死なねーじゃん。
……普通ならばここで、少なくとも北斗の拳をバイブルにして復讐をすることはやめるでしょう。
ですが、沼倉は普通ではなかったのです。
何が問題だ?ツボを間違ってたのか?
そう考えた沼倉は、北斗の拳だけでは正確なツボがわからない事に気が付き、さらなるツボの勉強に励むことにしたのでした!

毎日図書館にこもり本を読み漁り、人体解剖学の研究。
寝る間も惜しんで骨と筋肉の勉強。
合間に北斗の拳を少し読み、中国のツボ、タイのツボ、相手を混乱させるための心理学の勉強。
指のトレーニングも欠かさず、合間にちょっと北斗の拳。
そしてとうとう、今度こそ沼倉は
ky3
国家資格に合格したのでした!!
……なんだか自分でもよくわかりませんが、とりあえずマッサージ店を開業。
その日もお客さんにその極上の指でマッサージを施していました。
痛い痛い、と言っているお客さんですが、そんなお客さんに沼倉はこう言うのです。
痛い痛い言ってるけど、お前はもう
ky4
笑っている。
……沼倉は猛特訓の末、史上最強斧凄腕マッサージ師になっていたのでした!!



というわけで、心に復讐心を秘めた凄腕マッサージ師、沼倉の日常を描いていく本作。
この後、本作のヒロインと思しき女性、坂本が登場し、彼女との絡みがメインとなって行きます。
とはいえ惚れた腫れたが繰り広げられるわけではなく、腕は立つものの人づきあいが苦手なんてものではない上、行動も常識外れそのものな沼倉に坂本が振り回されていく様子がコミカルに描かれるのです。
かといって沼倉は復讐以外に何の感情もないとかそう言う人物ではありませんで、そこかしこに優しさを感じさせたり、ふとしたことで自分のアレな部分に気付いてショックを受けたりと、人間らしいところも見せてくれます。
そんなのんびり(?)日常が続いていくかと思われた本作ですが、なんとこの第1巻のうちにメインストーリーともいえる木村への復讐が大きく動くことになってしまうとは……!!
木村への復讐、果たしてどうなってしまうのか。
衝撃過ぎるその復讐劇の行方、是非ともその目でご確認を!!

シュールなギャグにちょっぴり人情、スパイスに復讐。
前作で培った女子キャラ要素も加え、さらに物語の軸もいきなり動きまくる本作……
今後どうなっていくのか、目が離せませんね!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!