sm0
今回紹介いたしますのはこちら。

「制服少女未征服」第1巻 亜桜まる先生 

少年画報社さんのYKコミックスより刊行です。


亜桜先生は00年にヤングアニマルの新人賞を受賞してデビューした漫画家さんです。
その後主戦場を講談社さんに移し、「090えこといっしょ。」「だぶるじぇい」などのオリジナル作品や原作付き作品を連載、12年からはヤングガンガンで人気ライトノベル「のうりん」のコミック版を執筆し、そちらも人気を博しました。

そんな亜桜先生の最新作となる本作は、久しぶりの原作無しのオリジナル作品。
一人の少年と、その幼馴染にスポットライトを当てた日常ものとなっています。
幼馴染の二人が送る、ちょっぴりドキドキの日常とは?



パッとしない眼鏡の男子、松沼。
彼は、こんなことを考えながらその日の授業にうち込んでいました。
ボクは女の子が好きだ。
ボクは、女の子が大好きだ。
彼の視線の先にいるのは常に(と言うのは言い過ぎかもしれませんけど)女子。
それだけ女子に熱い情熱を燃やしている松沼ですが、だからと言って女子と何かつながりがあるわけではありません。
そっとその瞳に移し、心の中に刻み付けておくだけなのです。
……たった一人の例外を除いて。

その例外と言うのが、幼馴染の菅野真奈美です。
sm1
クラスでも目立たない彼に、その日も彼女は当たり前のように松沼に話しかけてきます。
ブラッドソウルクリアーできた?
そんな、ゲームの話を。
真奈美は可愛くて明るく、男子にも人気の高い女の子。
そんな彼女がこんな話を持ち掛けてくるのも、家が隣同士で昔から仲良くしているからです。
松沼はそのゲーム、通称ブラソはすでにクリア済み。
今2週目をプレイしているところだ、と彼女に伝えますと、彼女は感嘆。
今日家に行ってやらせてもらおうかな、とつぶやくのでした。

家に帰った後、真奈美は本当に松沼の家にやってきました。
それも征服のまま、カバンも置かずに。
クラスのアイドル的存在が、自分の家に上がり込んで隣でゲームにいそしんでいる。
松沼はそんなシチュエーションに優越感を感じるのです。
が、感じてしまうのはそれだけではありません。
横から見える彼女の豊かなお胸。
無防備に体育座りするすらりとした脚と、スカートの下にの見えそうで見えない……!!
そんな姿の真奈美が隣にいることを実感しますと、松沼はいたたまれなくなってしまいます。
一人で勝手に悶絶し、枕で頭を押さえて叫んでしまう松沼。
真奈美はその奇行を見ても、何をやっているんだろうという目でしか見ていないようなのですが……
松沼はその奇行の原因がよくわかっています。
……自分は、真奈美が好きなんだろう。
いつしか抱いていた自分の気持ちをよく理解して、しまった、松沼。
そうなってきますと、気になるのは真奈美が自分のことをどう思っているかです。
また別の日に真奈美が訪ねてきましたので……思い切って、松沼は彼女に直接聞いてみました。
マナ、好きな人っている?
松沼の決心とは裏腹に、彼女はあっさりとこう答えます。
んー、いるよ、ふつーに。
松沼はショックを受けはしたものの、ある程度の覚悟はしていたようです。
そりゃあいるよな、そいつが心底うらやましい。
そんな嫉妬心めいたモノに支配されてしまった松沼は、暴走してしまいました。
なんと、
sm2
真奈美に「キスしていい?」と聞いてしまったのです!!
真奈美はびっくりしたようですが、何とか体勢を立て直し、そう言うのは好きな人とした方がいいよ?と何とかかわした……かに思えたのですが、松沼の暴走は止まりませんでした!
じゃあ、今度のマラソン大会で5位以内に入ったら、キスしていい?
……謎の剣幕に押されたのでしょうか、あるいは松沼が5位以内に入ることなんてないと思ったのでしょうか。
真奈美はそれを断ることもできず……

なんと松沼、5位に入賞しました。
ですが松沼、やっぱりキスは勘弁してほしいと言いだします。
やっぱりこう言うのは好きな人とするべきだと思うし、と真面目な返答で返す真奈美に、松沼は……また暴走してしまいました。
じゃあ、ぱんつ見せてよ。
……沈黙。
何を言っているんだこいつは、とでもいうのかと思いきや、真奈美は……
sm3
うん、いいよ、と答えたではありませんか!
立ち上がり、5位だったから5秒ね、行くよ、とスカートに手をかける真奈美!!
さすがの松沼も慌てて、本気で行ったんじゃない、と止めようとするのですが……
真奈美は、一気にそのスカートをたくし上げたのです!!
そこに広がっていた光景は……!!



と言うわけで、こんな感じの二人をメインとした日常を描いていく本作。
亜桜先生のキュートな女性キャラの魅力が存分に発揮されていまして、基本的には距離感の近いカワイイ幼馴染の姿を愛でていくお話となっておりますが、もちろんそれだけではございません!
この後登場する、クラスの四天王(松沼制定)もお話にちょくちょく絡んでくるようになるのです!
四天王とは、真奈美を含めたクラスの可愛い女子4人組。
その4人で仲良しグループを作っているようなのですが、ある出来事をきっかけとして松沼に真奈美以外の3人も話しかけてくるように!
松沼に好意を持っている、と言うわけではなさそうですが、それでもにわかに増えてきた女っ気に松沼の気持ちも平静は保てず!?
みんな違った魅力を持っている個性豊かな他の四天王の様々な姿にも注目必死です!!

そしてなんだかんだ真奈美の気持ちも気になるところ。
好きな人がいるとは言ったものの、それがだれかは明かされていないわけで、ひょっとしたらひょっとすることも?
そのあたりもこれからの展開に期待したいところです!!



今回はこんなところで!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!