kh0
本日紹介いたしますのはこちら、「きんぱつへきがん関西版」第2巻です。
作者はZUKI樹(ズキキ)先生。
双葉社さんのアクションコミックスより刊行、WEBコミックアクションにて連載されています。

さて、突然なくなった兄の家で保護した少女、シャルロットを保護することになった煎餅屋のあと取りの次郎と、ニートの三太。
シャルロットは素直で明るく、元気な美少女でまさに天使の様な存在で。
父親が亡くなったショックは大きく、寂しさに涙したり、それを紛らわせるためにかスキンシップを多く求めてくるのですが、それは次郎や三太にとっては嬉しくも辛いものなのです。
なにせ彼らは、兄弟揃って真性のロリコンだったのですから!!

ニコニコ顔で登校している美少女、ヒナ。
何故彼女が沿うまで嬉しそうにしているのかといいますと、彼女の努力が実を結んだからです。
いとしそうに頬ずりしているのは、女子小学生向けのファッション試。
なんとヒナは、その雑誌の表紙を飾ったのです!
これでヒマもカリスマ小学生の仲間入りや!とはしゃぐ彼女、小学生らしく無邪気に喜んでいる……反面、当然だ、自分は凄く美少女なんだから!と自身満々ウーマンだったりもするのです。
これでクラスの話題は自分でもちきりになるはず、となればクラス一の爽やかイケメンの高杉君もきっと褒めてくれるはず!
なんだかいい感じになれるかも、とさらにうきうきを強めてしまうのでした!

ところがどっこい、クラスの話題はまったく別のものに独占されていたのです。
ぽつんと教室の隅っこの自分の席に一人座り、青ざめるヒナ。
その視線の先には、クラスの皆に囲まれている金髪碧眼の少女……シャルロットがいました。
アレはいったいなんなんだ!?
戸惑うばかりのヒナの目の前で、さらに巻き起こる悲劇……
憧れの高杉君もまた、登校するなりシャルロットと親しげに会話をし始めたのです!!
kh1
ヒナは始業式の日、モデルの仕事の撮影があったせいで学校を休んでおりました。
そのせいで彼女が来たことを一人だけ知らなかったと言うわけです。
見た目が完全に外人の美少女で、性格もよく、悲しい身の上なんかもあって、すっかりクラスの話題を掻っ攫ったシャルロット。
その上、担任の女教師は三太に惚れてしまっていまして、学校の教室と言う公の場で三太は自分のことをどう思っているのかシャルロットに尋ねてくるなど、目的はどうあれ先生までシャルロットに絡みたがっているわけで……
努力がやっと実を結んだのに、話題にもならなかった……ヒナのイライラは募るばかりなのです!

そのフラストレーションを爆発させるヒナ。
なんなんだ、ちょっと可愛いからってちやほやされて、ムカつく!
あんなの外人なだけじゃないか、美少女度だったら自分のほうが絶対上だ!!
kh2
涙ながらにそう叫ぶヒナですが、TPOはわきまえております。
人気の無い女子トイレで密かに怒号を上げ、少しでもフラストレーションを解消しようと思ったのです。
……が。
その直後、背後の個室から水を流す音が。
そう、このトイレにはすでに誰かがいたのです!!
しかも驚くことにその誰かは……
kh3
他ならぬシャルロットでした!!
そう言う容姿に関しての誹謗中傷をされたのは初めてではないようで、シャルロットは自分はこんな外見だから目立ってしまう、前の学校でもよく怒られていたんだけど……と言いながら登場・
全部聞かれてしまったことを知ったヒナは、こうなったら都ばかりに開き直って思いの丈をすべてぶちまけてしまいます!!
今日は物凄く頑張った成果がでて特別いい日になるはずだった、それなのになんであんたのほうが目立ってるんだ!?
そう吐き捨てて泣き出すヒナ。
いくらシャルロットといえど、初対面の女の子に言われなき文句を言われ、おまけに勝手に泣き出されてしまってはガマンできるはずもありません!
自分だって別に目立ちたくて目立ってるんじゃないのに、と泣き出してしまうのでした!!
kh4

二人揃ってひとしきり泣くと落ち着いてまいります。
そこでシャルロットは、特別いい日になるはずだった理由について聞いてみることにしました。
ヒナはモデルの仕事をしていて、やっと表紙の仕事が回ってきたんだ。
そう言って取り出した雑誌は、シャルロットもよく見ている雑誌でして。
シャルロットは凄い、皆に見せに行こう!とその雑誌を手にとって、自分から率先して駆け出すのです!

いくらシャルロットがクラスの注目の的となっていたといっても、やっぱりクラスメイトの女子が雑誌の表紙を飾ったとなれば放っては置けないでしょう。
関東10ページ、すべて雛がモデルを飾っていると言うこともあり、瞬く間にクラスの主役の座はヒナの者となるのです!
おまけに天然モノの罪作り体質(?)の高杉は、そんな写真を見てヒナは凄いけど、写真よりも生身のヒナのほうが綺麗だと思う、とヒナを見つめながらおくびもせずにこやかに語りかけたものですからたまりません!
ヒナは顔を真っ赤にし、煙を噴き上げてノックダウンされてしまうのでした!

下校も一緒になり、すっかり打ち解けたシャルロットとヒナ。
ですが友達になるにはひとつだけ確認しなければいけないことがある、とヒナは言うのです。
シャルロットは、高杉のことをどう思っているのか?
頬を真っ赤に染め、視線をそらしながら語る彼女を見て、シャルロットはピンときました。
もしシャルロットが高杉のことを好きなら恋敵になるわけで、腹を割って話せる友達にはなりえないと言うことなのでしょう!!
ですがシャルロットは笑顔で答えるのです。
kh5
心配しなくてもいい、他に好きな人がいるから。
はれて友達となり、手と手を取り合って駆け出す二人。
早速今度シャルロットの家で遊ぶ約束を取り付けるのでした!!
kh6

というわけで、シャルロットにお友達のできるエピソードを収録した本作。
彼女の学校生活は順調そのものと言ったところですが、いくつか気になるセリフもあります。
シャルロットに好きな人がいる。
それが誰なのかと言うのは読者も気になるところですが、もし次郎や三太が聞いたら大変なことになってしまうのは間違いないでしょう!!
それに加えて、美少女モデルであるヒナを見れば二人が取り乱してしまうことも間違いなさそう。
ヒナは嵐を呼ぶ存在となるのでしょうか!?

この後もシャルロットは体操服&ブルマという姿で野球に挑んでみたり、実は乗れなかった自転車に必死で挑戦したりと、様々な姿で奮闘!
素直で元気で頑張りやさんな彼女の姿に、ロリコンな紳士の皆さんでなくともホッコリできることでしょう!!

と同時に、のどかな日常の裏で密かに進行していた大きな流れも侵攻していきます!
幼馴染のあんずと次郎の間に起きた過去の出来事とは?
そして二人の自制心によって築かれている一応平和な日常のすぐ傍に迫っていた影とは……?
物語は大きく動いていくことになりそうです!!

少女と愉快な変態保護者が織り成す日常、「きんぱつへきがん関西版」第2巻は全国書店にて発売中です!
変態紳士の方はもちろんのこと、そうでない方も楽しめる日常モノとなっている本作。
次郎と三太の過去なども明かされ始め、ドラマ面でも楽しめますよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!