本日紹介いたしますのはこちら、「学園創世 猫天!」です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスより刊行されています。

作者の岩原裕二先生は1994年に四季賞でデビュー。
読みきりやゲームのコミック版などを発表した後に2002年、「いばらの王」でブレイク。
その後2006年にこちらの作品の連載を開始しました。
スクリーントーンをほとんど使わず、線とベタで生み出されるダイナミックで躍動的な絵が特長です。

さてこちらの作品は学園を舞台としたファンタジーアクション物に分類されます。
一匹だけ猫を飼っていいという全寮制の学校に入学した編み物が趣味の主人公、早川優美(はやかわ ゆみ)は突然不気味な怪物に襲われてしまいます。
そこにやってきたのは学園のアイドル的存在である生徒会の6人。
その時おびえているだけであった優美のもとに美しい和服の美女と白い猫が現われ、不思議な力を受け取ることになりました。
それは自分の飼い猫である勘助(かんすけ)に不思議な編み物の服を着せて強力な力をふるえるというものでした。
手に入れたその力で怪物を撃退する優美。
そして生徒会の6人は全員がその飼い猫とともに戦う能力の持ち主で、古代の怪物と戦っているというのです。
力を手にしたことによって怪物と戦うことになってしまう優美。
ですが事態はどんどんと急展開を迎えていきます……

といったようないわゆる能力バトルものに近いストーリー。
しかしそのストーリーはどんでん返しがいくつもある飽きさせないものとなっています。
岩原先生の描く見易くも個性的で迫力のある絵柄で行われるバトルシーンも魅力的の一言。
なにより大きなストーリーは王道的ともいえる極素直なもので読む人を選ばないというのもすばらしいです。
ついでにふんだんに猫が出てきますので猫好きにもいいかもしれません!
……時として蹂躙されるので手放しにはオススメできませんが!
エロとグロが跳梁跋扈するチャンピオンREDの良心的存在といえるのではないでしょうか!!
……それが12月号で連載終了してしまい、REDの濃度が(良くも悪くも)さらに濃くなってしまうのが恐ろしいところです……

そんな王道的学園ファンタジーアクション「学園創世 猫天!」は現在4巻まで刊行中です。
多分完結巻の第5巻は12月19日発売予定!
お子様でも安心して読めるチャンピオンREDの良心的存在を是非御一読していただきたい!
さぁ、今すぐ本屋さんにダッシュです!!

学園創世猫天! 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店
岩原 裕二

ユーザレビュー:
猫アクション漫画いば ...
最初から怒涛の展開  ...
にゃんこで学園モノで ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ