画像

本日紹介いたしますのはこちら、「以下略」です。
ソフトバンククリエイティブさんより刊行、ゲーマガにて連載中です。

作者は平野耕太先生。
平野先生の紹介は09年3月28日の記事にて触れておりますのでそちらもあわせてご覧くださいませ。

さて、こちらの作品はゲームを取り扱ったギャグ漫画となっています。
よくあるゲームのコミック化でも、あらしから脈々と受け継がれる(今は壊滅状態ですが……)ゲーム対決ものでも、タイアップ的な紹介漫画でもなく、とにかくゲームが好きな人物が延々とふざけたり喋ったり暴走したりするだけの漫画です。

舞台はゲームショップファンタジィ。
栗原真紀という眼鏡っ子がそこでバイトを始めるところから物語は始まります。
店長はイケメンで優しいし、ゲームは好きだし楽しいバイト生活になりそうだと思った矢先に
画像

キチ……少々おかしな人が現われました。3人も。
かかわりたくないなぁと当然思う真紀ですが、なんと彼らはこの店のオーナーたちなんだそうで……
こんな彼らと面白おかしくも振り回され続ける真紀の苦悩の日々がひたすらつづられています。
……真紀も普通の子と言うわけでもなさそうなんですけどね!
画像

腐ってる方面の素質を持っていらっしゃるようで……

平野先生独特の暴走ギャグなどがふんだんに盛り込まれており、個性豊か……というわけではないのかもしれませんが、アクが強すぎるキャラたちが異常としか言いようのないテンションで暴れまくる、いろんな意味で圧倒されるこの漫画。
ですがなんと言っても一番の見所は異常なまでに幅広いネタの数々でしょう。
とにかくライトなものからディープすぎるものまで取り揃えており、読者がついていけないとかそういったレベルを超越してついてこさせる気が無いとさえ感じさせるマニアックぶり!
「ひぐらしのなく頃に」や「Fate」辺りのマニア御用達のゲームから、「竜が如く」辺りの流行のゲーム、「BIO SHOCK」辺りの別の意味でのマニア向けゲーム、「株トレーダー瞬」辺りの一発ネタ的ゲームまで幅広く網羅。
挙句にはゲームネタだけではとどまらず、出版社の違いなど物ともしない漫画ネタまでモリモリと盛り込まれています。
画像

漫画のネタもともかく、お尻のネタも好きですね……
……で、話は変わりますが軍鶏の再開ってまだなんでしょうか……裁判まで行っちゃってるから流石にもう無理なんでしょうかね……
後このかなりマニアックと思われるこのネタ、
画像

「覚悟のススメ」はともかくとしてマニアックの最たる例の一つ、「平成武装正義団」なんかは「山口貴由」のテーマにて紹介しているのでぜひ参照してくださいね!!
といきなり宣伝してみます!

お楽しみの単行本書き下ろしはあとがき1P&カバー下丸々を使い、いつものノリで好きなゲームに対しての情熱を叩きつけまくっているコメントが。
「ソーサリアン」とかあげてます。
・ジャンプしていろんなとこいっておつかいするゲーム。
だそうです。
……やべぇ、完璧にあらわしてる……

ゲーム&漫画マニアの深度チェッカーとしても使える、「以下略」は大好評発売中です!
俺の専門外ゆえにまったく触れませんでしたが、ミリタリー的なネタもありますのでそちらのファンの方も一読の価値アリ!
更にその昔連載されていた「進め!!聖学電脳研究部」の頃からいまだに「ギレンの野望」をやり続けてるっぽいそのゲームラブにも注目です!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!

ところで平野先生。
画像

俺は淵さんだと思います!


以下略
ソフトバンククリエイティブ
2009-04-28
平野 耕太

ユーザレビュー:
まだ生きてたww最初 ...
面白いが買うほどでは ...
正に平野耕太ワールド ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ