画像

本日紹介いたしますのはこちら、「さくらDISCORD(ディスコード)」第2巻です。
秋田書店さんの少年チャンピオンコミックスより刊行、週刊少年チャンピオンにて連載されています。

作者は増田英二先生。
本作第1巻の紹介記事は、12年1月8日に記しております。
よろしければそちらも併せてご覧くださいませ。

さて、作楽康介が4年ぶりにもと住んでいた土地に戻ってくると、編入したクラスになんと自分以外に5人の「さくら」がいると言う変わった環境が待ち構えていました。
かつての親友、ノ宮、島、丘、そして住吉と芽吹……6人の「さくら」は、チームを組んで球技大会に参加することになるのです。
ですが「さくら」はそれぞれ曲者ぞろい。
なんとか頑なに参加を否定していた住吉の心を開くことには成功したのですが……

まだ幼い弟の面倒を見ながら、入院している母の看病もしなければならない。
そんな住吉ですが、一緒にいるだけでもいいという康介たちの熱意に心を打たれ……とりあえず住吉宅で一同は集まり、宿題したり住吉の弟と遊んだり……ともかく絆を深めていく感じにはなっているようです。
そして住吉は夕食の仕込を終えると、なんと自らグラウンドに行こうと言い出しました。
母の見舞い、弟の相手、家事、勉強……それらに追われ、時間の足りない日々をすごしているはずの住吉。
彼女にはまともに球技大会のための練習などをする時間がないだろうと考え、それならばせめて一緒にいようとこうして集まっているわけで。
ですが住吉は、そんなのきちんと練習した方がいいに決まっている、とやる気を見せるのです。
それも全て、今まで意固地といえるまでに固まっていた自分の気持ちを解きほぐしてくれた、康介への感謝の気持ちゆえ。
画像

あなたに勝たせたいと思っても罰は当たらないでしょ?と、僅かに頬を赤らめて言うのです。

そんな徐々にデレ期に入り始めた住吉をくわえ、グラウンドに向かう一同。
同友、ノ宮は突然チーム名を決めようと言い出すのです。
ノ宮がドヤ顔で提案した「THEさくら」は即却下。
芽吹は「チームずぶ濡れ」等投げやりな案を出すばかりですし、ノ宮は懲りずに「THE☆さくら」などとのたまうのですが、そこで丘がつぶやいたのが「さくらディスコード」。
画像

「DISCORD」は「不協和音」。
6人の主義主張が一致しなくてもいい、ぶつかり合って不協和音を奏でながら、いつか綺麗な和音を奏でるためにやっていこう。
丘はそんなカッコいい台詞を並べるのですが、いいなと思ったのはどうやら康介だけだったようで。
他の皆はそりゃもうてきとうに丘をあしらうのです。

一同がひとつの目的に向かって、練習をしようと同じ方向を向いていたそのとき。
康介は、明日の球技大会本番はおそらく勝てないだろうと分析していました。
もちろんやるからには勝つつもりで行くわけですが……それでも届かないことがあることを康介はイヤと言うほど知っています。
中学時代、結局勝利を得ることができないまま最後の部活の日を迎えた先輩。
何故あの時、先輩はあんなに穏やかに笑えたのか?
そのときはさっぱりわかりませんでした。
ですが、今ならなんとなく、わかる気がするのです。
一緒にすごすことが一番の練習だ、と言い出した今の自分。
それは中学時代の自分からは考えられない行動です。
ノ宮と、さくらたちとの出会いは、確かに康介を変えていたのでした。
ところがその時、島が血相を変えて康介に携帯の画面を見せてきたのです。
その画面に表示されていたのは、天気予報。
画像

明日の降水確率は100%……それも、春の嵐とたとえられる大雨!
どうやら球技大会は中止になってしまいそうです。
その事実を知った康介、思わず大笑い。
このときはじめて康介は気づいたのです。
本当に大切なのは野球部とか勝敗じゃない。
先輩たちと、大切なみんなと過ごす時間がたまらなく好きで……
先輩たちと勝利への「あと一歩」を求めて伸ばした手は、勝利にこそ届かなかったものの……届いていたのです。
何物にも変えがたい何かに……!
画像


このとき、康介の心の中には新たな目標が浮かび上がっていました。
ばらばらな6人のさくらの物語が、このときから始まったんだと思えるように……
康介の望むその日が来るかどうかはまだわかりません。
ですが物語は確かに始まったのです。
何もかもが違う6人のさくらが、「さくらDISCORD」が織り成す、青春の物語が……!!

というわけで、正式に(?)さくらディスコード結成となった本作。
もちろんこの後、すんなりと6人が仲良しになるわけもありません。
6人の中で一番つかみどころがないように思える芽吹が明かしたのは、島に関するある秘密。
この6人の中で、パッと見では一番くせの少なそうな島。
陸上部に精を出しているせいか、住吉宅で催される(?)さくらディスコードの集まりの出席率が悪い彼。
ですが芽吹はそれを茶番だと言い切るのです。
ノ宮意外は全員知っているが、知らないふりをしていると言うその秘密。
それは、
画像

島が陸上部にまったく顔を出していない、幽霊部員だということ!
何も知らないノ宮と康介、話を合わせる丘、黙っている住吉。
芽吹はウソでかためられた偽りの関係を茶番だとはっきりと言い切るのです!
では何故島はそんな嘘をついてまで距離を取ろうとしているのか?
島は、ただひとり丘にだけその胸のうちを明かすのです。
画像

そんなの、康介がいるからに決まっている……!
4年と言う時間はあるものの、その頃と変わらぬ親友だと思っていた島。
島に一体何が起こったのでしょうか?
それはこの4年間の中に……いや、それ以前から原因の種がまかれていたのです……!

次々に明かされていく各キャラクターの抱える問題。
それらこそが本作の中心と言える要素ですが、そのほかにもこのさくらディスコード内での恋愛も気になるところ!
はかったかのように男女比が1:1ですし、中には誰が好きかを明確にあらわしたりあらわさなかったりする人物も!
こちらも目が離せません!!

更に描き下ろしのオマケ漫画も2P収録!
ぎっしりと中身のつまった一冊となっています!!

さくらディスコードが結成される、「さくらDISCORD(ディスコード)」第2巻は好評発売中です!
結成直後からいきなり大きな不協和音が鳴り響く、島編がメインに展開する今巻。
島は一体何故嘘をつくのか?その全てが明かされ、そして決着を迎えるのです!!
更にこの後は芽吹編がスタート!
最も難しそうな彼女の心を捉えることはできるのか?
これからも気になる展開が続きそうですね!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


さくらDISCORD 2 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
2012-03-08
増田 英二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by さくらDISCORD 2 (少年チャンピオン・コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル