画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ハカイジュウ」第6巻です。
秋田書店さんの少年チャンピオンコミックスより刊行、月刊少年チャンピオンにて連載されています。

作者は本田真吾先生。
今までの紹介は「ハカイジュウ」のテーマにて記事をまとめておりますので、よろしければあわせてご参照くださいませ。

さて、すんでのところで立川から逃れた未来。
ですが瑛士の弟の絢士とともに、陽たちを探すためあえて立川に侵入してしまったのです。
ところが壁で囲われた立川の中では、化け物だけでなく、謎の兵隊までもが容赦なく襲い掛かってくるのです。
絢士と未来はなんとか立川から脱出するのですが、その時絢士はマスコミに売って儲けてやろうと小型の化け物を持ち帰っていたのです。
ところがその化け物は突然暴れだし逃走。
再び姿を現したのは……!!

未来の目の前に姿を現したのは、知人の一条でした。
ですがその姿は、おぞましい変貌を遂げています。
先ほど絢士が逃がした、小型の化け物。
その化け物と一条が、融合したような姿に……!
画像


一条が体が熱くてたまらない、何なんだこれはとうめきながらふらふらと未来の方へと近寄ってきます。
未来はまだ普通の人間だった頃の一条と先ほど出会っており、その時化け物を捕まえてくれと彼に頼んでいました。
それを憶えていた一条は、その化け物ってこれだろう、だったら取ってくれ、と未来のすぐ目の前までやってきたのです!!
未来は恐怖のあまり、身動き一つできません。
このままでは……と思われたその時、ラッキーとは言い切れませんが……兵隊が2名その場に駆けつけました。
化け物のことを少なからず知っている様子の彼らですが、それでもこの融合のことはデータに無いようで。
1人はあわてているものの、もう1人はより貴重なサンプルだからと麻酔銃で撃つようその慌てている男に命令します。
麻酔銃とは言え、化け物用の強力なこの弾丸に当たれば人間がどうなるのかわかりません。
その戸惑いがまずかったのでしょう。
打つ決心を固め、構えたときにはもう一条は男のすぐそばに迫っていました!
そして一条は、力任せに男の頭を壁に叩きつけます!!
画像

ヘルメットもろとも砕けてしまう男の頭。
一条は体が勝手に……と戸惑いの言葉を漏らしました。
確かに化け物は一条の体の中を貫きながら体を操っている様子です。
生き残ったもう1人の兵隊は、捕獲を諦めてマシンガンを掃射します!!
ですが一条はもはや完全に人間のそれでは無い身のこなしで銃弾を回避。
撃たんといて、何でこんな酷いこと、と言いながら、マシンガンの弾切れをついて間合いをつめ、なぜか隊員の口に指を突っ込んだのです!
怒りのままにその腕を思い切り振りおろし……
画像

兵隊の顎どころか、体のど真ん中から真っ二つに切り裂いてしまったのでした!!

慌てて逃げる未来ですが、一条は物凄い勢いで追いかけてきます。
途中でであった、事情を知らないテレビ局の関係者を殺めながら、助けてと相反するような叫び声とともに未来を追う一条。
その魔の手が未来に届こうと言うその瞬間、
画像

間一髪で絢士が駆けつけ、銃床で思い切り一条を叩き落したのです!!

とりあえず未来を助けるために攻撃を仕掛けたものの、なぜ化け物が人間と混じり合っているのか、と戸惑いはかくせない絢士。
一条は突然殴りつけてきた絢士にブチ切れ!
しんだらどないしてくれんねん、と、絢士を殴りつけたのです!
咄嗟に銃を立てにしたため致命傷は逃れましたが、それでもダメージは大きく、立ち上がることができません。
一条は未来の前へ立ちはだかり、俺は化け物になってしまった、お前のせいじゃないのか、早く何とかしないとお前のことを食べてしまいそうだ!と、その体をより一層化け物のように歪ませ、牙を剥いたのです!!
ですがその直後、一条は苦しみ始めます。
体を激しく震わせ、眼球は異様な動きを見せ……
やがて一条の体から、化け物がはじけ飛びました!
画像

しかしそれは一条の解放を意味しているものではなく……残念ながら一条は同時にその命を失ってしまったのです……

同時に、一条の体を乗っ取ろうとしていたようにも見えた化け物も死んでしまっていました。
九死に一生を得た形になる未来ですが、自分がテレビ局になんて来なければこんな惨劇は起きなかった、と涙を流して後悔しています。
しかし、後ろに控えていた絢士の方がショックが大きいでしょう。
そもそもかれが化け物を持ち込まなければよかったのですから……
自分が同行できるような代物ではなかった。
思いあがっていた自分を悔いる絢士ですが、じっくりとその思いを反芻するヒマすらありません。
兵隊が数名駆けつけ、二人が壁から脱出した人物であることを確認。
連行していってしまったのです。
……が!
こんなことは大事の前の小事に過ぎなかったのです。
突如揺れ動く地面。
蠢きだすお台場の海面。
そこから、また新たな巨大怪物が出現したのです!!
画像

いよいよ壁の外にも現われてしまった化け物。
この恐怖はどこまで続くと言うのでしょうか?
国はこの事態の真相をどのくらい知っていて、どんな対策を立てているのか?
未来たちは逃げ延びることができるのか……?
物語は、更なる恐怖を拡散を見せるのです!!

というわけで、どんどんと化け物の脅威が拡がっていく本作。
人間との融合と言う謎めいた能力、そして今までとはまた違った風貌の化け物の登場。
ますます化け物の正体はつかめないものになっています!
特にこの融合能力は、今後の物語を動かすことになりそうです。
融合という特殊すぎる能力に、なにより拒否反応なのか何なのか、宿主もろとも死んでしまったという謎。
これが何を意味するのかが非常に気になるところです!
そして今巻のラストではまたまた驚きの展開が待ち受けています。
ある程度予測できたとは言え、やはり燃えざるを得ないその展開は必見!
物語はまたも大きく動くことになりそうです!!

得体の知れない怪物がますます猛威を振るう、「ハカイジュウ」第6巻は全国書店にて発売中です!
化け物の数や、人々に及ぼす被害、そしてその大きさそのものまでスケールが大きい本作。
物語は二転三転するものの、肝心の化け物の謎はまだまださっぱりわかりません。
まだまだ楽しませてくれそうですね!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


ハカイジュウ 6 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
2012-03-08
本田 真吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハカイジュウ 6 (少年チャンピオン・コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル