画像

本日紹介いたしますのはこちら、「魔法少女 かずみ☆マギカ ~The innocent malice~」第3巻です。
芳文社さんのまんがタイムKRコミックスより刊行、まんがタイムきららフォワードにて連載されています。

作者は原作は平松正樹先生、作画が天杉貴志先生。
本作の今までの紹介は、「まどか☆マギカ・スピンオフ」のテーマにてまとめております。
よろしければあわせてご覧くださいませ。

さて、プレイアデス聖団に次々と襲い掛かってくる魔法少女を撃退して行った第2巻。
ですがその間にも、人を一時的に魔女に変えるイーブルナッツを埋め込まれたかずみに奇妙な変化が起きたり、プレイアデス聖団が噂どおり本当に魔法少女狩りをしていることがわかったりと、様々な出来事が巻き起こりました。
そして最大の問題は……まだソウルジェムが濁っていないはずの、ニコが突然魔女へと変わってしまったことだったのです!

魔女化するその直前に、このままでは残らず死ぬ、と何かに気がついたニコ。
ですがもはやその時には全てが遅く、彼女は魔女に変貌してしまいました。
すぐさまその場に居たかつての仲間たちに攻撃を仕掛けるニコだった魔女。
プレイアデス聖団の面々は、仲間の予測しなかった突然の変貌に戸惑い、呆然とするばかり。
攻撃が届く直前でバリアをはって身を守るのですが、何人かはそのバリアの範囲内に入ることができません。
範囲外にいたみらいをかかえ、サキはなんとかバリア内に逃れることに成功。
幸いみらいは無傷でしたが、サキの頬からは血がしたたっていました。
その傷を見たみらいは、サキに傷つけやがって!と激怒!!
画像

その魔女がついさっきまで一緒に戦っていた仲間のニコであることを忘れたかのように、猛然と襲い掛かって行ったのです!

大量の熊のぬいぐるみのようなものを生み出し、魔女の動きを止めたみらい。
そしてそのまま、大きな剣で魔女を真っ二つにしてしまいました。
画像

魔女は消え、残されたのは血の雨と……ニコの亡骸。
魔女を退けて落ち着いたみらいは、激情に任せてニコを殺めてしまったことに動揺をかくせず。
里美は突然魔女になってしまったニコを見て、死にたくない、魔女になんかなりたくない、と取り乱し。
事態を飲み込みきれない海香は、どうしてこうなるの?と呆然とするのです……

冷たくなったニコの手をにぎり、ニコの名を叫ぶかずみ。
するとどうでしょう、すぐ後ろからもう1人ニコが姿を現すではないですか!!
なんとこの魔女になってしまったニコは、ニコが魔法少女になったときの契約の対価だという、「ニコの予備」なんだそうです!
なぜ大切な対価で自分の予備などを作ったのか?
不可思議なものを感じますが、ニコが生きていたことの喜びのほうがいまのプレイアデス聖団には大きいようで。
そんな喜びのムードの中で、ニコは言うのです。
そろそろ本題に入ろうか、と。

ニコが魔女化するすこし前に一同が決心した、その「本題」。
それは記憶のないかずみに、全てを伝えることでした。
その場所として選ばれたのは、みらいのものだというテディベア博物館、「アンジェリカベアーズ」。
この博物館ができたのも、この名前をつけたのも、かずみの存在あってのことだというのですが……
テディベアが展示されているその地下に向かう一同。
歯車で閉ざされた扉の向こうに広がっていた光景は、驚くべきものでした!
画像

数十人、あるいはそれ以上はいようかと言う、眠っている少女。
そしてその部屋の中央の魔法陣のようなものの上に置かれている……大量のソウルジェム!
彼女達は全て魔法少女で、中央のソウルジェムは彼女達のもの。
そう、プレイアデス聖団はソウルジェムを奪って、魔法少女とのつながりを絶つ魔法陣の上に保管。
そして、ソウルジェムを失ったことによって動きを止めた魔法少女たちの体をこうして保管していたのでした!!

こうまではっきりとした証拠を見せられては、プレイアデス聖団が魔法少女狩りをしていたという事実は疑いようもありません。
何故こんなことをしているのか?かずみがそんな疑問を持つのは当然のことでしょう。
そこで海香は、ちらりとジュゥべぇの方に視線を送ってから、その質問にこう答えるのです。
画像

矛盾に満ちた魔法少女システムの否定。

彼女達は、魔法少女のソウルジェムが濁ると魔女になることを知っていました。
そこで、ジェムが濁り魔女への変貌が間近になっている魔法少女を襲撃し、そのソウルジェムを奪って強制的に魔女化を防ぐ作戦を決行。
そしてジェムを完全に浄化し、魔法少女たちを完全に人間に戻す方法を見つけるまで戦い続けることを決意していたのです。
魔女を狩る魔法少女が、いずれ魔女になる。
そんな魔法少女のシステムを、打ち砕くために!

そしてついにそのときはやってきます。
海香はかずみの額に自らの額をあてて……
かずみの記憶を、呼び覚ますときが……!!

というわけで、プレイアデス聖団の目的が明かされた今巻。
ですが、この真実もこれから明かされる真実の前ではほんの些細なものでした。
プレイアデス聖団の一同の過去、ジュウべぇがなぜプレイアデス聖団に協力してくれるのか。
そして、かずみがそもそも何者なのか、という驚愕の真実が明かされ、同時に物語は急展開を迎えることとなるのです!!
いよいよ本格的に「まどか☆マギカ」らしいハードな展開を迎えだした本作。
次々と明かされる衝撃的な真実と、歪んでしまうプレイアデス聖団の関係。
果たして物語はどのような決着を迎えるのか?
このまま進めば、ハッピーなエンドが待っているとは考えづらいわけですが……
こればかりは見守るしかないでしょう!!

そして、ファンには嬉しい原作キャラ、マミさんも本筋とは大きな関係が無いところで登場!
画像

本作の皆さんの技名がマミさん的センスだった理由が明かされます!!!

更なる衝撃が待ち構える、「魔法少女 かずみ☆マギカ ~The innocent malice~」第3巻は全国書店にて発売中です。
ハードな展開が連続する本作。
物語はクライマックス間近!
第4~5巻あたりで完結となりそうな予感です!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!