画像

本日紹介いたしますのはこちら、「魔法少女まどか☆マギカ~The different story~」中巻です。
芳文社さんのまんがタイムKRコミックスより刊行されました。

作者はハノカゲ先生。
本作上巻の紹介は、12年10月12日の記事にて記載しております。
また、本作をはじめとした「魔法少女まどか☆マギカ」一連のスピンオフ作品は、「まどか☆マギカ・スピンオフ」のテーマにてまとめさせていただいております。
よろしければあわせてご覧くださいませ。

さて、杏子とマミの出会いと別離を描いた上巻。
当初はお互いを思いやりながら、ともに魔女退治に励んでいた二人ですが、杏子に降りかかった悲劇をきっかけに二人は道を違えてしまったのです。
その後、時はすこし流れてさやかが魔法少女になった直後ごろへ。
さやかの前に姿を現した杏子ですが、そこに駆けつけてきたのは本来の時間軸では既に息絶えていることの多いマミだったのでした!

以前自分を慕ってくれていた、杏子。
そんな彼女は、今となっては取り付く島すらうかがわせない態度と、自己中心的な考えで魔力を振るうようになってしまっていました。
本音を言えば、マミは今でも彼女と和解を果たし、ともに魔女と戦っていきたいところでしょう。
ですが今のマミには、新米魔法少女になったさやかと、魔法少女としての日常を見学しているまどかと言う二人の守るべき存在がいます。
もう自分ひとりの問題ではない。
そう考えると、マミは無理に杏子との和解を願うことは出来ないのでした。

後日。
マミはまどかとともに魔女を粉砕します。
その魔女の災厄に巻き込まれていたのは、まどかとさやかの親友である仁美でした。
画像

なんで仁美がと戸惑うまどかですが、ほんのっよっぽろでも付け入る隙があれば魔女は取り込んでしまうから、珍しいことではない、とマミ。
とにかくこれで仁美を助けることが出来た、それもマドカが危ないところでマミを呼びに来てくれたおかげだ……と和やかな空気に包まれるのでした。
ですがそこで現われた杏子。
杏子はその場にさやかがいないことに気が付き、もう見限られたのかと突っついてきました。
そんな杏子に対し、最近良い噂を聞かないけれど、とマミはチクリと返します。
ですがだったらなんだと杏子は取り合いません。
大体魔女退治に一般人を連れまわすのも問題なんじゃないか、と返す刀で切りつけたのです。
もちろんこれには反論します。
まどかも魔法少女の資質がある、だから色々と見てもらって考えてもらうことにしたんだ、と。
ですが杏子はやはりそれも否定するのです。
マドカは所詮マミに振り回されているだけ、そしてマミは戦力を手に入れたいだけに過ぎない。
契約した後、まどか自身がどうなろうとかまわないと思っているんだ……
そうこき下ろすのでした。

まどかは言います。
さやかのかなえた願いの重さに気が付き、「かなえる願い」も大事だと気がついた。
だから漠然とした理由ではなく、確かな願いを見つけたいんだ、と。
マミも同意したように、じっくりと考えた方がいいのでしょう。
……この後、残酷な現実に直面することになるのですから……

翌日、学校に向かうまどかとさやか。
いつものように、仁美も加えての三人での登校です。
普通に会話を交わしながらも、まどかとさやかは例のテレパシー的能力で別の話題をかわしていました。
昨日、一緒に魔女探しに行けなくて申し訳ない、と言うさやか。
まどかはいつもの優しさから、さやかこそ1人で大丈夫だったのかと尋ねるのですが……
さやかはチラッと仁美の様子を窺ってから、浮かない表情でウント答えるのです。
ですがその表情は、まどかのある言葉を聞いた瞬間豹変するのです。
画像

仁美ちゃんが、魔女に……

その日も魔女との戦いを迎える事になったマミたち。
今度はさやかも合流しているのですが、いまひとつ彼女の動きは精細を欠いているようなのです。
使い魔ばかり倒しても仕方がない、魔女を倒して勝負をつけるから動きを止めるのを手伝ってくれ。
そう言われてもさやかはどこか上の空なのです。
そのため、すぐ側にまで魔女の魔の手が迫っていることに気がつかなかったのです……!!
そしてその魔女の毒牙は、
画像

マミを捕らえてしまったのです!!
マミの体を真っ赤に染め上げる血液。
どう見てもこのままでは、マミの命は時間の問題でしょう。
魔女はその攻撃の手を一切緩めることなく、今度はさやかや円に照準を定め……!!
さやか1人では無理だ、まどかの力を借りるんだ、とここぞとばかりに契約締結を目論むキュゥべえ。
ですがさやかの耳にはその言葉すら入ってこないのです。
画像

自分が二人とも守らなければ。
襲い掛かってくる魔女と使い魔たち。
果たしてさやかはこの窮地を逃れることが出来るのでしょうか?
そして、追い詰められたまどかは、瀕死の重傷を負ってしまったマミの命運は……!?

というわけで、マミが生き延びた時間軸で物語が進んで行く今巻。
ですがやっぱりいきなりピンチになってしまったマミさん。
この時間軸でもやはり命を落としてしまうのでしょうか?
そしてもうひとつ気になるのはさやかの動向。
仁美が襲われてしまったことに何か一枚噛んでいるようなそぶりを見せていますし、何よりさやかが魔法少女になりつつ、仁美がいると言うことは……
マミ生存の時間軸でも、さやかの心に、ソウルジェムに穢れをためる要因はそろい放題に揃っているようで。
彼女の未来にも不安要素が散りばめられまくっているのです!!
上巻の、いわば過去編に当たるストーリーから一転して、マミが生存している時間軸の本編と言えるようなストーリーになってきた中巻。
その背景を考えますと、やはりグッドエンドは待っていなそうですが……?
果たしてこの時間軸に待っている結末とは?
今巻も最後の最後に大きな転換を迎え、次巻が待ち遠しい感じの引きになっております!!

マドカの世界を広げるスピンオフ、「魔法少女まどか☆マギカ~The different story~」中巻は全国書店にて発売中です!!
今巻も先が気になるところで終わってしまった今巻。
最終巻となる下巻は12年11月12日発売予定!!
この物語はどのような結末を迎えるのでしょうか!?
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!