3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです! ※作品記事につきまして、権利者様が問題があると感じられた場合はご一報ください。対応いたします。

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「エンジェルノート」です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラにて刊行されています。

作者はこやま基夫先生。
こやま先生の他作品は「こやま基夫」のテーマにてまとめておりますのでよろしければそちらもご覧くださいませ。

さて、こちらの作品はこやま先生が得意とするドタバタコメディです。
主人公の高校生、無限大化(むげん たいか)の前に突然自分と同じ顔を持った少女、シンカが現われました。
純真で子供のようなシンカはタイカにべったりで周囲を騒がせるのですが、更に驚くべきことが起きます。
迷い込んできた鳥に触れた瞬間、シンカの背中に大きな羽が生え、空を飛んでいってしまったではないですか!
なんと彼女はタイカのクローンで、触れた生物のDNAを取り込んで体を変化させる特殊な能力の持ち主だったのです!
しかも彼女は自分で取り込んだDNAを制御できず、触れた生き物のDNAを無差別に取り込んでしまう上に自分の意思で元に戻ることができません。
元に戻るにはオリジナルのDNAを取り込む……つまりタイカのDNAを体内に入れる必要があります。
体内に入れる手っ取り早い方法は唾液の交換、ようするにキスです。
自分の肉親どころかクローンと毎回のようにキス、しかもかわいらしいシンカにときめいてしまうタイカはその背徳的というかなんと言うかなシチュエーションにもやもやしっぱなし!
挙句の果てにシンカの体に眠る様々な技術や成分を狙う人物も次々に現われ、楽しくも騒がしい毎日が繰り広げられるのでした!

自我を持ったAIや人造生物は「人間」なのか、その存在意義は?という意外に深いテーマを持つ本作。
ですがこやま先生の得意とする軽いノリが存分に発揮され、ストーリーの重大さは殆ど感じさせない明るいコメディにおさまっています。
薬によって干物状態とイケイケギャル(死語)状態を頻繁に往復するキャラ、
画像

人間に対して深い憎しみを持ち、異形の姿でありながらツンデレのキャラ(男ですけど)
画像

などの相も変らぬ個性豊かなキャラが多数登場しただでさえ賑やかな作品を寄り一層賑やかに彩っています。
そしてもうひとつの見所と言えばやはりシンカの多彩な変身姿でしょう!
画像

毎回のように様々な生物をモチーフにした姿に変身する上、各話扉ではまた別の変身姿を披露。
さらに単行本には扉に着色したものを切り貼りしたピンナップまでついており、獣っ娘大好きなケモナーは見過ごせない作品になってると言わざるを得ないでしょう!

全編通して軽いノリでシリアスなストーリーと言うこやま先生らしい作品、「エンジェルノート」は全5巻で発売中です!
ケモナー必携、そうでない方もシンカのかわいらしさに目覚めてしまうかもしれませんよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!





画像

本日紹介いたしますのはこちら、「ノーマーク爆牌党(のーまーく ばくはいとう)」です。
竹書房さんの近代麻雀コミックスにて刊行されました。

作者は片山まさゆき先生。
片山先生は81年のデビュー後、「ぎゅわんぶらあ自己中心派」「スーパーヅガン」などの麻雀漫画を多数発表し、コミカルな麻雀漫画の第一人者に。
「スーパーヅガン」は92年に麻雀漫画としても当時の事情としても珍しい深夜でのテレビアニメ化し、ゲーム化などもされ大ブレイクしました。
麻雀漫画以外ではその昔ファミ通で「大トロ倶楽部」というゲーム漫画を連載しており、そちらをご存知の方も多いのではないでしょうか。
現在は麻雀初~中級者向けの指南書的漫画、「打姫オバカミーコ」を連載中で、この作品はなんとドラマ化もしています。

さて、こちらの「ノーマーク爆牌党」はやはり麻雀漫画です。
ですがこの作品は今まで連載していた漫画とは作風が替わり、かなりシリアスな漫画に変身しています。

主人公は爆岡弾十郎(ばくおか だんじゅうろう)。
一見するとセオリー無視、実際は凄まじい読みを伴った必殺の打牌「爆牌」を操る天才的な雀士です。
性格は常に自信満々で傲慢なところはあるものの、基本的には明るいお調子者
画像

……でした。序盤は。
その天才的な打ち筋をプロの雀士に見初められ、プロも参戦する大会で優勝したところから彼の性格というか、物語の質も変わっていくのです。

爆岡は瞬く間にスター街道を登っていき、麻雀界のビッグタイトル3種のうち2種を奪取します。
残る最後の一冠をめぐる大会で次々倒されていくプロの猛者たちですが、その中に混じって1人の男が爆岡に挑むため大会に参加していました。
男の名は鉄壁保(てっぺき たもつ)。
画像

その名のとおり非常に堅実なうち筋を持つ男で、スターダムに上る以前から爆岡と親交のあった人物です。
親交があったとは言え仲良しだったわけではなく、麻雀で幾度となくけちょんけちょんにされていたわけですが……
とにかくそのリベンジや、女友達の九蓮宝燈美(ちゅうれん ぽとみ)を巡るいざこざなどを晴らす目的もあっての勝負。
負けられられません!
そしていざ直接対決!となった予選最後の対局では鉄壁が点数プラスならば決勝出場、爆岡はすでに大差をつけていて実質出場決定と言う状態になっていました。
予選最終戦最後の一局、後一歩で決勝進出!と言うところでなんと鉄壁は爆岡に役満を狙い撃ちされ、その夢を砕かれてしまったのです!
挙句に鉄壁を見下し、バカにしきった言葉を投げかける爆岡。
画像

この言葉に鉄壁は激しく落ち込み……そして、いつか必ず爆岡を自身の手で倒す決意を固めたのです!


ここからが物語の本番!
爆岡は破竹の勢いで3大タイトルを3年連続で奪取、V9を果たします。
その裏で鉄壁は着々と己のレベルとプロとしての地位を上げていき、爆岡に挑む体勢を整えました。
絶対的な才能を持つ爆岡と、努力に努力を積み重ね続ける鉄壁。
傲岸不遜な天才と、質実剛健な凡才の対決は想像を絶する激戦となるのでした!

なんと言っても見所は爆岡と鉄壁の関係でしょう。
他を圧倒する実力を持ち、主役、と言うよりはラスボスと言うにふさわしい嫌なやつになった爆岡。
そしてチビで気弱な脇役的存在だったものの、幾度もの苦悩や挫折を超えて主人公と呼ぶにふさわしい存在へと成長する鉄壁。
明言こそされてはいませんが、主役がボスになり脇役が主役になると言う異色でありながらも引き込まれるストーリー展開は素晴らしいの一言!
鉄壁は勿論、一見すると単なる自信家の嫌なやつである爆岡にも様々な心の動きが描かれているのもまたステキです!
加えて個性豊かなキャラクター達も多数存在し、それぞれがぞれぞれの確固たる信念や打ち筋を持っている生きたキャラクター像を形成。
ストーリーに更なる深みを加えています!
さらに麻雀漫画だけにメインとなる対局シーンの評価も高く、麻雀は打てるだけ、みたいな初心者の俺でも理解できる凄さです!

麻雀漫画としても対戦ゲーム漫画としても高いレベルで完成している「ノーマーク爆牌党」は全9巻で発売中です!
麻雀なんて「アカギ」と「天」しか読んだことねーよ!という方から、「咲」を読んで麻雀漫画に少し興味が出た方まで、ぶっちゃけジャンルは全然違いますがオススメです!
麻雀を知らなくても「凄いバトルしてる」という雰囲気はガンガン伝わる傑作ですのでぜひご一読くださいませ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!

……それにしても片山先生って絵全然変わんないですね……
これ20年近く前の漫画ですよ……


ノーマーク爆牌党 1 (1)
竹書房
片山 まさゆき

ユーザレビュー:
最高傑作片山さんの作 ...
1巻を買うなら9巻ま ...
麻雀マンガの最高峰天 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「谷仮面(たにかめん)」です。
白泉社さんのJETSコミックスにて刊行されています。

作者は柴田ヨクサル先生。
柴田先生の紹介やすっかりお馴染みの「ハチワンダイバー」の紹介は「柴田ヨクサル」のテーマにてまとめさせて頂いておりますので、お時間ございましたら見てやってくださいませ。

さて、こちらの作品は柴田先生のデビュー作であるギャグ漫画です。
主人公は仮面を被って日常を過ごす高校生、谷。
画像

風貌からして奇妙ですが、人間離れした怪力と耐久力を持ちながらも普段は物静かで趣味は読書(村上春樹先生がお気に入り)と言う中身も奇妙な男です。
そんな彼が一目ぼれしてしまったのが島リホコ。
天然ぎみで大きなおっぱいをもつ美少女で、必殺技は殺人アタック!
画像

個性豊かな二人が起こす滑稽な騒動や、どうしても目立ってしまう谷に絡んでくる不良たちを適当にあしらったりするシュールな日常ギャグが楽しい気楽に読める作品なのです。
……が!それも序盤のみ!
中盤からはどんどん谷をトラブルに巻き込んでいく新キャラクターが登場し、何故かバトル漫画へと変身します!
伝説的に強いといわれる金髪の男、中岡。
彼は昔思いついた「不良高統一」を楽しそうだと言うだけで実行しようと考え、超パワーを持つ谷を仲間に引き入れようとします。
勿論そんなことは望まない谷ですが、引き換えに島との恋をサポートしてやると言われてまんまと協力させられてしまいます。
そのための準備の一環として何故かアマレスにチャレンジしたり、
画像

谷達の強さに怯えた他高校が時代錯誤もいいところの用心棒を雇って戦うことになったり、
画像

怪獣(きぐるみ)と勝負したりと
画像

もうバトル漫画まっしぐら!
なんかジャンプ漫画みたいな方針転換がなされていますが、きっちり面白いですし、谷の破天荒なキャラはそのままでシュールなギャグも健在なので良しとしましょう!

そして終盤ではさらに一味違う方針に変わります。
バトル漫画なのはそのままですが、なんと谷と島の恋愛がかなり前進!
谷の島ラブに負けないほど島も谷に惹かれだしたのです!
そんな中現われたのが超能力を持つ男、清河。
彼は中学生だった頃の中岡を撃破し、当時思い立ったばかりの「不良高統一」を断念させた男でした。
清河は今回も妨害し、自分が不良高統一をしてやろうと目論み中岡や谷にのいる高校に攻め込んで来たのです!
そんな修羅場のような状態で島は自分の谷への気持ちを確認し、なんと告白!!
画像

ですがあまりにもありえない状況での告白に谷はこれを夢だと思ってしまいます。
しかし結果としてそれが良かったようで、谷もその思いのたけを思い切り叫ぶのです!!
画像

とうとう両思いになった二人ですが、その直後清河の手のものが島を誘拐!
谷は島を取り戻すため、中岡は清河との決着をつけるため、最終決戦に向かうのです!!

この後のクライマックスと、大感動必至の再告白シーンは真面目に漫画誌に残る盛り上がりぶり!
大団円と言うにふさわしいハッピーエンドは最高の読後感を味わわせてくれるはずです!
まさか当初はシュールギャグだった作品で燃えさせられ、感動させられてしまうとは誰が予想すると言うのでしょうか!
めくるめく熱血&感動、そして愛のストーリーは読まずにスルーするには勿体無すぎますよ!
実質ストーリーがなかった序盤のパートもギャグとしてかなり面白く、後半よりも好きという方もいるくらい。
ギャグ漫画としてもストーリー漫画としても楽しめる欲張りな一編と言うわけです!

柴田先生が現在進行中で絵柄が変わりまくっているように、この作品の中でもガンガン絵が変わっていくのが難点と言えば難点ですが、それも成長を目の当たりにできると言う意味で楽しむことができます。
ちなみに最後のほうの絵柄は結構萌えられると思います!

03年に刊行された「谷仮面 完全版」では、連載時に刊行された単行本書き下ろし漫画に加え、完全版用書き下ろし漫画まで収録されて相変わらずサービス精神満点!
オマケ漫画を純粋に楽しむもよし、更なる絵柄の変化を見比べて楽しむもよしです!

ギャグ漫画にしてバトル漫画、そして最高の純愛漫画である「谷仮面」は完全版が全6巻で刊行されています。
「ハチワンダイバー」や「エアマスター」で柴田先生のファンになった方は勿論、全然柴田先生を知らない方にも自信を持ってオススメできる作品です!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


谷仮面 完全版 1 (ジェッツコミックス)
白泉社
柴田 ヨクサル

ユーザレビュー:
超異色コミック、待望 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「悪1013(アクトウイチミ)」です。
講談社さんのアフタヌーンKCにて刊行されました。

作者は小川雅史先生。
小川先生の作品は「小川雅史」のテーマにてまとめておりますので、そちらもご参照いただければ幸いです。

さて、こちらの作品は反体制のグループが大暴れするバトル漫画です。
特異なのは舞台設定。
殆ど全ての人間が平等で飢餓や差別とは無縁に暮らす理想国家「パーフェクツ」。
そこでは「篭手(ゴントレット)」という絶対的な力を持つ警察的な存在がおり、治安を維持しています。
誰しもが道徳に溢れて悪事とは無縁の生活を送ることのできるその土地に現われた「悪」。
それがアークとワァル。
画像

悪党集団、「悪1013」を結成し悪事を働く二人の少年です。

毎日のように悪事を繰り返す二人ですが、それは理想世界と言われている現状をよしとしていない為。
実際銀行強盗などを働いても被害者達は怯えるでもなく抵抗するでもなく、腑抜けたようにされるがままになっているだけ。
することといえば「篭手」の助けを待つことだけです。
ですが二人のやりたい悪事とは銀行強盗のようなものではなく、理想世界絶対の正義である「篭手」を始末すること。
それによってひいては現在の理想世界をぶっツブすことでした!

絶対的な正義に対して立ち向かう、反体制の主人公。
「蛮勇引力」を思わせる設定ですが、こちらの作品はより現代的な味付けがなされています。
派手なガンアクションと、スマートで押し付ける様な説教くささのない今風のキャラクター造形。
クセの少ないすんなりと入れる作品です。
そしてなにやらこの頃小川先生はアメコミにはまっていた様子で、様々な部分でアメコミの影響を見て取れます。
各話扉の構成(多分雑誌掲載時はタイトルロゴが入っててもっとらしかったはず)、
画像

登場する脇キャラたちのスーパーヒーロー臭、
画像

そしてアメコミ的演出。
画像

カバー下の登場人物一覧も小学館さんの日本語版アメコミを髣髴させるような……
とにかく全体からアメコミラブがにじみ出ております!

ストーリー的にもシンプルではあるものの理想国家の裏の顔をしっかりと描き、黒幕との戦いまで描ききっています。
流石に急いでいる感と言うか……あっさりしている感じは否めませんが、それでもやりたいことや描きたい事は伝わる内容に納得できるはずです!
……やっぱりもうちょっと読みたかったなぁと言うのも本音ですけど……

あ、最新作の「キン肉マンレディー」でも見せたサービスシーンはこちらにもしっかり収録!
画像

ふふ、できておる喃……

悪党大活劇漫画、「悪1013」は好評発売中です!
小川先生現状最新オリジナル作品、「キン肉マンレディー」で衆目を集めている今こそ見直すときではないでしょうか!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


悪1013 (アフタヌーンKC)
講談社
小川 雅史

ユーザレビュー:
カバー裏のキャラ紹介 ...
悪くはないけど。 い ...
最高です!平和な世界 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「妖幽戯画~おどろ怪異譚」です。
竹書房さんの竹書房文庫から刊行されています。

作者は西浦和也(にしうらわ)、うえやま洋介犬(うえやま ようすけ)の両先生。
文を担当している西浦和也先生は同じ竹書房文庫で何冊か恐怖系の書籍を刊行している作家さんです。
また、「コ・ワ・イ・ハ・ナ・シ・ヤ・ミ・ノ・サ・サ・ヤ・キ」という怪談サイトも運営されています。
うえやま先生に関しては09年3月11日の記事にて紹介しておりますのでそちらもご参照くださいませ。

さて、本書はうえやま先生が自サイトで連載していたショート恐怖漫画に多数の書き下ろしを加え、西浦和也先生が実話怪談を加えた1冊です。
西浦和也先生の会談も非常に魅力的なのですが、一応ウチは漫画紹介サイトっぽいのでうえやま先生の担当部分について触れて行きたいと思います。

本書に収録されているうえやま先生の恐怖漫画はなんと80編超!
いつもの超短編漫画に加え、「不思議ナックルズ」で連載されていた4コマ恐怖漫画「怪奇新聞」や、「座談怪」と銘打たれた18Pの短編が収録されています。
その内容は以前の単行本同様非常にバラエティ豊かで、様々な視点からの恐怖が楽しめます。
今回はとりわけキモイクリーチャーと、
画像

人間の恐さ
画像

を描いた作品が多く、なんかもう見てるだけでむずむずして来ます!
勿論心霊的な恐怖もありまして、今回は読者投稿の実話怪談の漫画化も多数収録。
画像

そちらでもグンバツの恐怖を描かれています!

そんな1~3Pのショートストーリーの中で異彩を放っているのが前述した18Pの「座談怪」と、6Pの「黒骸」です。
「座談怪」は集まった友人3人が軽い気持ちで身近に起こった怪現象を語る恐怖の様を描いたもので、オリジナリティの高いあまりに奇妙な物語がつづられた後、最後にはお約束とも言える最大の恐怖がやって来るお話。
うえやま先生独特の不可思議な味わいも素晴らしいのですが、王道もまた良し!と言える一粒で二度おいしい一編です。
かわって「黒骸」は突如おこった友人の神隠しをきっかけに起きる出来事をつづっています。
半年後突然神隠しから帰ってきた友人は以前とは変わり果てており……
画像

更なる怪異が起こるのです。

とにかく本書は一気呵成とばかりに襲い来る恐怖が堪能できる一冊です。
うえやま先生独特の味がこれでもかと盛り付けられており、暑い夜をすごすのに最適と言えるのではないでしょうか。
本書の為の書き下ろしもなんと40Pを数えており、気合を感じさせてくれます。
足しげくうえやま先生のサイトに通っているファンの方でもスルーできませんよ!

文庫本サイズに怪奇がぎゅっと凝縮された「妖幽戯画~おどろ怪異譚」は好評発売中です!
コミック扱いではなく文庫本書籍扱いですので、本書を探す際にはご注意くださいませ!
本が本だけに本屋さんよりもコンビニとかの法が案外見つけやすいかも。
とにかく夏の夜の枕元にふさわしい一冊!
涼しい夜がすごせることでしょう……!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


妖幽戯画 幽玄漫画怪異譚 (竹書房文庫 HO 64)
竹書房
うえやま 洋介犬

ユーザレビュー:
マンガと怪談文学のコ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↑このページのトップヘ