3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです! ※作品記事につきまして、権利者様が問題があると感じられた場合はご一報ください。対応いたします。

本日紹介いたしますのはこちら、「巨娘」第1巻です。
講談社さんのアフタヌーンKCにて刊行、現在はgood!アフタヌーンにて連載中です。

作者は木村紺先生。
97年に四季賞を受賞し、淡々と(?)アフタヌーンに作品を発表し続ける、まさに生え抜きのアフタヌーン出身漫画家です。
代表作である「神戸在住」は第31回日本漫画家協会賞新人賞を受賞し、ファンからも厚い支持を受けた名作。
独特の絵柄や構成が特徴的で、現在もアフタヌーンで「からん」を好評連載中です。

さて、木村先生と言えば「神戸在住」で高い評価を受けているわけですが、その素晴らしいストーリーにファンたちは感銘を受けたわけです。
知人の一人は「自分の生き方に影響を与えた!」とまで言っておりました。
ところがこの「巨娘」では作風がガラリと変わり、ファンの度肝を抜いたのです。

日常ギャグ漫画に分類されるであろうのこの作品は、身長181センチを超える背の大きな女性(巨大な娘で巨娘と言うワケですな)、ジョーさんの豪快でパワフルでエネルギッシュな生活を描いています。
焼き鳥チェーン店の店長を任されている彼女の周りには個性豊かなダメ人間があつまっており、様々なトラブルや些細な出来事が起こり、ジョーさんは力任せに解決していくのです。
とはいえその事件自体も融通の利かないことこの上ないジョーさんが起こしたりするわけで、愉快なお仲間が集まってくるのは仕方の無いことなのでしょう!
そしてジョーさんがパワフルなのは肉体だけではなく、エロスな方面もパワフル。
なにせ20人もの彼氏をとっかえひっかえしているくらいですから……
そんなちょいとヒップがライトな彼女ですが、とうとう末永く愛せそうな彼氏をゲットするところからこの物語は始まるのです!!
それは弟の彼女の兄と言う微妙なポジションの男性なのですが、身長が150センチほどで引っ込み思案な可愛い系の人。
なにやら萌え滾ってしまったジョーさんの魔の手がおそいかかるっ!!

そんなこんなでドタバタとした日常を、様々な人物にスポットを当てつつ愉快に展開していくこの作品。
2007年に連載後単行本1巻が発売され、その後長らく音沙汰がありませんでしたが、08年11月に創刊された隔月誌、good!アフタヌーンで待望の連載が再開されました!
まだまだ第2巻の発行は遠いでしょうが、指折り数えて待つしかありません!!

巨大な娘さんが縦横無尽に暴れまわる、パワフル&エロス日常ギャグ漫画、「巨娘」第1巻は全国書店さんにて発売中です。
強い女性が活躍する漫画がお好きな方や、可愛い男の子がヒロイン(?)の漫画がお好きな方には手放しでオススメできます!
ジョーさんは必要以上にパワフルですし、ヒロインは純情可憐にも程があります!男ですけど!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょうか!!


巨娘 1 (1) (アフタヌーンKC)
講談社
木村 紺

ユーザレビュー:
エロエロです。個人的 ...
あくまで『神戸在住』 ...
なんとな~く惰性で生 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「惑星(ほし)のさみだれ」です。
少年画報社さんのYKコミックスにて刊行、ヤングキングアワーズにて連載されています。

作者は水上悟志先生。
02年ごろヤングキングアワーズ増刊にてデビュー、その後も芳文社さんと少年画報社さんを主な主戦場に様々な作品を発表し、高い評価を受けている漫画家です。
現在もこの「惑星のさみだれ」と、コミックブレイドにて「戦国妖狐」を同時に連載中と精力的に活躍を続けています。

さてこちらの作品、一言で言ってしまうと能力バトル物です。
ある日突然能力に目覚めた主人公、雨宮夕日(あまみや ゆうひ)が地球を守るために魔法使いと戦う、というまさに王道物のストーリー。
……なのは表面上だけです。

突如あらわれた他人には見えない、人語をしゃべるトカゲ、ノイ。
彼は雨宮が世界を守るために選ばれた騎士である、他の騎士たちとともに能力を用いて悪の魔法使いから姫を守り、世界お滅亡から救え、と語りかけます。
ところが暗い生い立ちを持つ雨宮は、他の騎士に頑張ってもらえば良い、自分は平穏に生きる、とその誘いを断ってしまいます。
どんなに言葉を尽くしても戦おうとしない雨宮ですが、その魔法使いの方はお構いなくバケモノを送ってくるではありませんか。
そのバケモノは容赦なく雨宮を追い詰めます。
もう駄目だ!!というところで現われたのは隣に住む朝比奈(あさひな)さみだれでした。
彼女は現われるや否やバケモノを殴りつけ、一撃で粉砕してしまいます。
なんと彼女こそが守るべき姫だったのです!

そんなショッキングな出来事があっても戦う気はちっとも起きない雨宮。
あるとき学校でさみだれに声をかけられ、屋上に連れ出されました。
そこから見せられたのは空に浮かぶ巨大なハンマーのシルエット。
普通の人間には見ることの出来ないそれは、いずれ振り下ろされて地球を砕いてしまうというではないですか!
そのスケールにますます自分は無力ではないかと憤る雨宮ですが、その後に彼女が語った言葉を聴くとその意見は変わります。
「あんなんに地球は壊させへん!!」「なぜなら」
「この地球を砕くんは私の拳やからじゃー!!」

この世を憂えていた雨宮は自分で地球を壊す為に地球を守る、と言うさみだれに惹かれ、戦いの場に身を窶すことになりました。
続々と仲間は集まり、そのほとんど(一部は私利私欲のためだったりしますが)は地球を守ろうと言う意思の元に戦う決意を固めています。
この戦いが終われば世界は救われると信じているなか、その中心人物である姫は戦いが終わった瞬間、不必要となった力が失せる前に地球に拳を振り下ろして砕こうとしている……
そんな複雑でどう転んでも絶望的な事情を抱えたまま、戦いは無常にも進んでいくのです。

臨場感溢れる構図や動きを感じさせる絵柄で紡ぎ出される戦闘シーンは手に汗握り、個性豊かな登場人物が豊富に出つつもきちんと掘り下げられ、いまや欠かせないキャラ萌え要素もきっちり内蔵。
騎士たちの様々な能力や、現われる怪物の圧倒的戦闘力を戦術や必殺技で倒すという燃え要素もバッチリで、これで楽しくないわけが無い!と言うこの作品。
ですが最大の魅力はやはり容赦無いストーリーではないでしょうか!
そもそも、さみだれの目的からして地球を壊すというもので、このままではどう転んでもバッドエンドです。
しかもそれが雨宮とさみだれしか知らず、期せずしてそれを知ってしまった騎士の一人が雨宮に惚れててさぁ大変、どうすればいいのかわからない、みたいな難しい展開もあったり。
それより何より登場人物が結構容赦なく死んで行き、昨今の死なない少年漫画に慣れている方なんかは「え!?死ぬの?」と声を出してしまうこと請け合いです。
これからどう展開していくのか、誰がどういうタイミングで退場していくのか、予想も付かない先の展開にドキドキが止まりません!

世界を壊す権利争奪・能力バトル漫画、「惑星のさみだれ」はただいま第6巻まで刊行中です!
衝撃の展開をライトな絵柄で描き綴る、新たな名作を体験すべし!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


惑星のさみだれ 1 (1) (ヤングキングコミックス)
少年画報社
水上 悟志

ユーザレビュー:
ついつい読んでしまう ...
キョーレツな荒唐無稽 ...
その意気やよし台詞回 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「西遊妖猿伝 大唐篇」第1・2巻です。
講談社さんのモーニングKCDXから刊行されています。

作者は諸星大二郎先生。
先生の紹介や他の著作の紹介は「諸星大二郎」のテーマにてまとめさせていただいております。
よろしければご覧くださいませ。

この「西遊妖猿伝」は、1983年から月刊スーパーアクションにて連載が開始されました。
その後雑誌の変更などもあり、コミックアクションキャラクターやコミックトムで1997年まで断続的に連載。
97年時点で話に一区切り付いたために長らく中断されていました。
ところが長い沈黙を破り、08年に第3部(諸星先生的には第2部と考えているそうです)がモーニングにて開始されます。
その第3部こと西域篇にあわせて単行本が再刊行されることとなったわけです。
第1部とされる大唐篇は新潮社さんから出版され、雑誌移籍後は第1部から第2部の河西回廊篇を同じシリーズにまとめて潮出版社さんから出版。
今回は第1部と第2部を大唐篇と一くくりにして講談社さんから出版されるようです。
1冊400P超の大ボリュームで、全10巻が予定されているそうです。

で、結局のところどういう作品なのかといいますと……要するに西遊記です。
西遊記といえば様々なメディアで様々な作品になってきました。
漫画ならば古くは手塚治虫先生の「ぼくのそんごくう」から「悟空道」やら最も遊んじゃうやつ等々。
アニメなら「イタダキマン」、「スタージンガー」「マシュランポー」とか。
ゲームならコーエーのそのものズバリ「西遊記」、「ソンソン」や伝説の「スーパーモンキー大冒険」他多数。
ドラマでも堺正章さんのやつ、唐沢寿明さんのやつ、最近のアレなどまだまだあります。
このように様々にアレンジされ、映像化してきた西遊記ですが、この「西遊妖猿伝」はまた一味違う諸星先生ならではの作品に仕上がっています。

お釈迦様の掌の上でもてあそばれ、封じられたところを玄奘に救われて改心し、妖怪を退治しながらお供とともに天竺を目指す……西遊記といえばそんな印象の物語だと思います。
ところがこの作品はまるで違います。
そもそも孫悟空が妖怪ではありませんし、妖怪自体は出てくるものの、メインは対人間戦。
古代中国の史実を織り交ぜ、それでいて西遊記の面影は感じさせるオリジナルなストーリーなのです。
単行本16冊に渡る今までの刊行分では玄奘に出会う前に紅孩児と出会ったり、竜児女というオリジナルキャラクターが出てきたり、そもそも沙悟淨がまだ登場していない等という事実からもそれが伺えると思います。

人間の欲望や怨念、それに妖怪等のオカルト要素が絡み合ういつもの諸星先生の中国古事漫画なのですが、壮大なスケールを感じさせる超大作のこの作品。
刊行数が多く、なかなか読み始めづらいという背景があったものの、この再刊行分でその問題も解消!
心置きなく諸星先生ワールドに浸りましょう!

西遊記漫画の最高峰、「西遊妖猿伝 大唐篇」第1巻・第2巻は好評発売中です!
11年越しの待望、「西遊妖猿伝 西域篇」の単行本は春刊行予定だそうですので、まさに読み始め&読み返しに最適な刊行タイミングといえるのではないでしょうか!
いままで諸星先生作品を未体験な人や、「西遊妖猿伝」はいっぱい出てて読み始め辛いなぁ……と考えていた俺のような人にもオススメです!お値段も1.6冊分収録されて1000円と大変お求め易いですよ!!
諸星先生のライフワークともいえるこの作品、読まずにいる手はありませんよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


西遊妖猿伝 大唐篇 1 (1) (モーニングKCDX)
講談社
諸星 大二郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



西遊妖猿伝 大唐篇 2 (2) (モーニングKCDX)
講談社
諸星 大二郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介するのはこちら、「百舌谷さん逆上する」第2巻。
講談社さんのアフタヌーンKCにて刊行、アフタヌーンにて連載中です。

作者は篠房六郎先生です。
「百舌谷さん逆上する」第1巻の紹介は08年9月12日の記事に記載しておりますので、お時間ございましたらご覧くださいませ。

さて、第1巻では竜田とデートしたと思ったら別れるという、嵐のようなお付き合いを経験した百舌谷さん。
これからどういった関係になっていくのでしょうか!!
第2巻の展開に期待です!!
……と思っていましたが、竜田とどうなるの?という展開には進みませんでした!
物語は百舌谷さんと樺島を中心に進んでいきます。

誕生日を迎えた百舌谷さんですが、腫れ物を触るかのような微妙な誕生会にいたたまれなくなって家を飛び出してしまいます。
誕生会を企画してくれた使用人の二人は誕生日会は絶対にしてあげたいので、ぶち壊しにならないようツンデレを刺激しないあえて微妙なラインのもてなしをすると言う愛の溢れた人物なのですが、百舌谷さんはそんなことを知るはずも無いわけで。
家をでたあとですが、百舌谷さんはあんな性格ですから転がり込める知人といえば勿論彼しかいません。
樺島のうちです。
彼を相手にストレス解消を図る百舌谷さんですが、樺島家のアルバムを勝手に拝見し、暖かな家族の姿を見ると激昂してしまいます。
優しそうな家族がいる樺島に、家族と一緒にすむことの出来ない自分を哀れんで見下していると叫ぶ百舌谷さん。
ところがそこにやってきた樺島の祖母に衝撃の事実が明かされます。
樺島の両親は数年前に事故で無くなり、弟は心臓に病気を抱えて入院生活が続いているのだ、と。
それを聞いてショックを受けた百舌谷さんは涙を浮かべて樺島家から飛び出してしまいました。
人の事情も知らずに最低だ、迷惑をかけてばかりの自分なんて生まれてこなければ良かったとと自分をなじる百舌谷さん。
どうにか彼女を助けてやりたいと思った樺島が思わず口にした言葉は……
「僕はドMなんです」でした。
だから迷惑をかけてくれればむしろ嬉しい、もっと迷惑をかけてくれ、と。

助けたい一身で出た方便なのか、心の奥底では本気なのかは正直わかりませんが、樺島を合法的にいじめられることで心の平静を取り戻す百舌谷さん。
歪んだ関係が続くある日、彼女は樺島を徹底的に掌握する為彼の弟を利用しようと考えました。
ウフフ……奇麗に歪んでいらっしゃる……
その問題の弟とはひょんなことから不可思議な出会いをし、さらに知り合ったナースが見事な腐女子だったおかげで空恐ろしいカオス状態になって行きます。
カオス状態はともかくその二人は実にいい人たちで、(順調に樺島をいじめる仕込が出来ているという大義名分もあり)百舌谷さん自身が気付かないうちに癒されていきます。
ツンデレの発作も出ずに和やかに過ぎていく夏休みに百舌谷さん以外の全員が、ひょっとしたら百舌谷さん自身もこのまま平和に暮らしていけるのではないか、そう思えました。
ですがやはり全てをぶち壊す何かが起きてしまうようなのです……

といったわけで、今巻も見所満載!
百舌谷さんのツンデレっぷりはますますパワーアップしていますし、樺島の頑張りもますます空回ります!
凄まじい百舌谷さんのいじめっぷりがそれはもう濃厚に描写され、いじめ・かっこ悪い!を自負する俺もそのこっけいな姿と、それによって救われて輝くような笑顔を見せる百舌谷さんのギャップによって素直に楽しめてしまいます。
……樺島はやっぱり根はMっぽいですしね……!
また、新キャラの樺島の弟、勇次郎と腐女子ナースの珠美さんの二人が加わることによってますますテンションアップ。
ギャグも更に濃密になっています!
それだけに百舌谷さんや樺島の実は暗い生い立ちもより際立ち、悲劇の到来を予感させる次巻への引きが更に印象深いものになっています。
個人的に言わせて頂ければ、第1巻よりも格段に完成度の上がった良作に仕上がっているのではないかと思いました!
この漫画面白い?買う価値ある?と考えている方は是非とも2巻まで読んでみて決めて欲しいです!2巻からが本番!あくまで個人的な考えなんですけど!!

21世紀漫画界に波紋を立てる、ツンデレとは何か、ツンデレの功罪とは、を訴えかけるハイテンションでスピーディーなツンデレ漫画の決定版、「百舌谷さん逆上する」第2巻は大好評発売中です。
ウチも参加させていただいた、「古本屋の戯言・営業日誌」のヒロさんが主催された企画『このマンガが凄いから読め!(仮称)2009』γ版で見事1位を獲得したこの作品、漫画好きでなくとも「ツンデレ」の響きに興味のある方なら必見ですよ!!
俺はベスト5に選出しませんでしたけどね……
単行本派だからこの2巻収録分の内容を知らなかったんだよ、と言い訳してみます!
さぁ、本屋さんに急ぎましょうか!!


百舌谷さん逆上する 2 (2) (アフタヌーンKC)
講談社
篠房 六郎

ユーザレビュー:
刮目して見よ!食傷気 ...
2巻になってからいき ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「少女ファイト」第5巻です。
講談社さんのイブニングKCにて刊行、イブニングで月1で好評連載中!

作者は日本橋ヨヲコ先生。
「少女ファイト」の簡単な紹介は08年9月1日に記事にて記載しておりますのでそちらもよろしければご覧くださいませ。

さて、第4巻では合宿を経てチーム全体の結束が強まり、練とシゲルがラヴい関係になったりと順調に物語は進んでいきました。
ところがついに姿を見せた唯。
狂犬と呼ばれたいた時代の練にやすやすと付いていっていた彼女は、圧倒的な力で黒曜谷を撃破します。
そのバレーの実力だけでなく、ミチルや練達との関係を揺るがす不安要素を持つ彼女の登場で、物語は大きく動く予兆を見せ始めました……

そんなところで第5巻。
いきなり唯が黒曜谷にやって来てしまいます。
人を思いのままにコントロールしてしまう唯の登場にミチルは戸惑いますが、唯はかまわず黒曜谷のメンバーに次々と揺さぶりをかけてくるではないですか。
学の芯の強さのおかげで大きな被害は無いまま唯をやり過ごすことに成功しますが、今後も彼女の動向には目が離せません……。

そして大阪遠征が始まります。
賭けバレーの件などで関東で試合のしづらい黒曜谷はわざわざ大阪まで行って大会に参加することになったのですが、そこはいわば伊丹の地元。
彼女は極道の祖父を持つがゆえ、どんなにバレーで活躍しても八百長をしていると言われ続けてきました。
そんな過去をリセットすらために関東に来たわけですから、大阪に行くこと自体がかなり不安だったようです。
地元での試合をする不安や、唯の揺さぶりもあってイライラが募り、キャプテンに注意されたことをきっかけに「1ローテしか体の待たない人に注意されたくない」と暴言を吐いて伊丹は宿泊先から飛び出してしまいました。
たまたま飛び出すところに居合わせた三國によって様々な事実を知り、自分の間違いを認めてチームと和解することが出来たのですが……
伊丹と三國にフラグが立つ羽目になってしまいました!
畜生!!伊丹さんは俺の嫁なのに!!許さん、許さんぞ三國!!!!
……すみません、取り乱しました……

伊丹も加わってフルメンバーの黒曜谷は難大会を勝ち上がって行きます。
他チームからの陰口はルミコや練によって振り払われ、観客からの野次はすっかりフラグが立ってしまった三國からの応援で克服。
そうなればもはや敵無しといったところなのですが、そんな時伊丹の祖父が危篤だと言う一報が届いたのです!
しかし決勝の相手は伊丹のかつてのチームメイトのいる高校。
元気でやっているという姿を見せたい伊丹は祖父の元には行かず、試合に出場することを選択します。
祖父は嫌いだと言い張る伊丹ですが、心の底ではやはり心配のようで試合の中で焦りを見せ、ミスを連発します。
かつてのチームメイトにも心配され、今のチームメイトにも祖父の元に行くべきではないかと説得される伊丹ですが、彼女は皆の優しさに涙を浮かべながらも頑なに断り続けてしまい……

と、このような感じで今回は伊丹さん大活躍の一冊になっています。
伊丹の祖父はどうなるのか?大会を優勝で飾ることが出来るのか?ついでに男子の方も優勝できるのか?結論はすべてこの単行本にあります!
貴方の目で確認してください!
それにしても第5巻は伊丹さんのツンデレッぷりが遺憾なく発揮されていまして、この巻で伊丹さんの魅力が判る方も多いはず!!
でもダメですよ!伊丹さんは俺の嫁ですから!
……えー、それはおいておきまして、伊丹さんを取り巻くドラマだけでなく、監督や練の姉の過去や、成長を続ける黒曜谷の実力が見られる充実の内容です!
とくに伊丹さんを説得するチームメイトの優しさというか、強い絆を感じさせるシーンは涙なくしては読めませんって!マジで!
更に巻末にはいつもの脇役や小物の解説に加え、黒曜谷女子1年生の仔細なプロフィールが収録されてお得!
同時発売の特装版には豪華声優陣+日本橋先生書き下ろしシナリオで贈るドラマCDが付いており、ファンの方なら必携のブツです!
制作協力・プロダクションI.Gとクレジットされていますので、アニメ化なんかも密かに進行している可能性も……?

青春がぶつかり合う高校生女子バレー漫画、「少女ファイト」第5巻は好評発売中です!
09年も注目のこの作品、アニメ化とかの前に買っておけばミーハー扱いされずに済みますぜ!
さぁ、今すぐ本屋さんにダッシュです!!



少女ファイト 5 (5) (イブニングKCDX)
講談社
日本橋 ヨヲコ

ユーザレビュー:
純な青春スポコン漫画 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↑このページのトップヘ