3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです! ※作品記事につきまして、権利者様が問題があると感じられた場合はご一報ください。対応いたします。

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「弱虫ペダル」第5巻です。
秋田書店さんの少年チャンピオン・コミックスにて刊行、週刊少年チャンピオンにて好評連載中です。

作者はお馴染み渡辺航先生。
渡辺先生作品の紹介は「渡辺航」のテーマにてまとめておりますのでよろしければご覧くださいませ。

さて、第4巻では白熱の一年生レースが決着しました。
小野田は正式なものではないとはいえ山岳賞を獲得。
優勝はデッドヒートの末、今泉の手におさまりました。
第5巻ではついに「部活動」としての活動が本格的に始まります!

いきなり始まった「個人練習」。
2・3年生と1年生がマンツーマンで走るこの練習、その目的は各々の自身を叩き潰すと言うえげつないもの。
鳴子には田所が、今泉には部長がつくことになり、小野田には巻島が相手となりました。
鳴子も今泉も絶対的な差を見せ付けられるも心は折れず負けても再勝負を挑むなど、むしろ闘志を燃やします。
一方の小野田ですが……これがまた小野田らしい結果となりました。
巻島は小野田と同じ、坂道を得意とするクライマー。
ですが巻島は手足が異様に長い得意な体系を生かした独特の走法を使います!
画像

この異様でありながらも速い走法を操る彼の異名は「頂上の蜘蛛男(ピークスパイダー)」!
異様である事に驚くどころか、真似しようとする純真な小野田に巻島は助言を与えます。
「人の真似をするな、自分のスタイルを貫け」、と。
そして、「自己流で速かったらサイコーにかっこいい」、と!

その後インターハイの県予選が行われます。
その大会の存在自体を小野田達は知らされておらず、ショックを受ける間もなく3人は会場へと向かいました。
そこではあまりにも圧倒的な力の差を見せ付けて優勝する3年生の姿が。
彼らは駆けつけてきた3人の何故呼ばなかったかと言う問いに、インターハイで戦う相手に余計な情報を与えたくないから1年生は呼ばなかったと答えます。
そう、1年生にもインターハイに参加させるつもりがあるというのです!!
そのためには今よりもっともっと速くなることが必要。
手っ取り早く速くなる手段、合宿が始まります!!

会場に向かう途中で車酔いの為、後続の車がやってくるまでひとり山中で休むことになった小野田は、1人の男に出会います。
画像

真波山岳(まなみ さんがく)も小野田と同じく、坂を登るときに笑顔になると言う男。
なにやら未来のライバルとなる予感がひしひしとします!

そしてたどりついた合宿場。
ここでは4日間で1000キロ走れ、と言う過酷極まりないノルマを課せられます。
しかも小野田、今泉、鳴子の3人には自転車に各々の得意分野を封じる仕掛けをつけ、そのまま走ることを強いるではないですか。
更にこれについて来れないものはインターハイに出る資格はないとまで言い切りました。
苦しむ3人ですが、持ち前の気概で乗り切ることが出来るのでしょうか……?

と言うわけで今回は新キャラの登場と上級生の実力にスポットライトが当てられています。
巻島先輩の不器用だけどいい人キャラもステキですが、なんと言っても田所先輩には惚れるしかありますまい!
画像

これですよ!!この体系でマッスルと言い切る彼にはもはや惚れる他ありません。
皆さんも今後の田所先輩には要注目です!!
合言葉は「肉弾列車」!!
更に萌えを愛してやまない渡辺先生だと言うのに、今回は女性キャラの登場無しなのも驚きです!!
もしかしたら見落としがあるかもしれませんが、名前のある女性キャラって今回一コマも出てないのではないでしょうか!
今回はとにかく巻島先輩や田所先輩に萌えろと言う事ですね!!わかります!!
でも真波の幼馴染の「幼馴染の三角メガネの委員長」の存在が明かされましたので、今作では貴重な女性キャラの補充も間近のようですな!
まったく渡辺先生には油断が出来ませんぜ!
巻末に収録されている書下ろしのコラムは今回5Pと大増で、相も変らぬ自転車ラヴ溢れるページになっております。
正直自転車はよくわからない俺ですが、先生が好きで好きでたまらないと言う情熱は痛いほど伝わってきますよ……!

チャンピオンではレアな超正当スポーツ少年漫画、「弱虫ペダル」第5巻は大好評発売中です!!
自転車を知らなくても厚くなれること間違い無しのこの作品、スポーツマンガが嫌いでなければ超オススメですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!





画像

本日紹介いたしますのはこちら、「らいでん」第3巻です。
秋田書店さんの少年チャンピオン・コミックスにて刊行されました。

作者は塚脇永久先生。
ウヒョ助こと塚脇先生の紹介と「らいでん」第2巻までの紹介は09年1月12日の記事にて触れておりますのであわせてご覧くださいませ。

さて、新たな刺客の登場を匂わせて終わった第2巻。
第3巻では早速その刺客、シラウオが樽吉たちに襲い掛かってきます。
痛みを感じないシラウオは鯨紋を難なく捕らえ、鯨紋を人質にして樽吉に一対一の勝負を求めました。
師の助言もあり、打撃を使用しない投げ技のみの相撲でシラウオの相手をすることになる樽吉。
案の定激しい打撃の雨あられを浴びせられますが、そんな中で樽吉は自らの迷いを断ち切る一筋の光明を見出すことに成功するのでした。

そしてやってくる雷電との勝負の日。
今まで怯え続けていた咲右衛門は楽丸の勇気に胸を打たれ、ついに発奮。
見事に雷電への挑戦権を得ます。
そこで予定通り……とまでは行きませんが、乱入する樽吉!
とうとう雷電VS樽吉、最後の戦いが始まります!

ところがその時、樽吉の決戦を見に行こうとしていたおはんの身に危険が降りかかっていました。
雷電の記憶のカギとなるであろうおはんを亡き者にするため、刺客が襲い掛かってきていたのです。
小蜂や鯨紋がいるとはいえ、相手は銃や刀を持った大勢の暗殺者。
無事に逃げ延び、おはんは雷電と樽吉の決着を見ることが出来るのでしょうか……

と言うように、ジェットコースターのように怒涛の展開が矢継ぎ早に進んでいく、スピーディーなこの作品。
それゆえに読者を飽きさせることもなく、それでいてこの第3巻で奇麗にまとまっています。
バトルシーンは重量感を感じさせる迫力の筆致で描かれ、
画像

キャラクターは端役にもきっちりと見せ場を作った死にキャラのいない無駄のなさ、数々張っていた伏線もしっかりと改修し、挿入される現代の最強格闘家がリンクするシーンもくどさがなくそれでいてエンディングへとしっかり繋がっている内容の濃さも特筆モノです。
エロスもまぁ、無くは無いです!
画像

ちゃんと必要性のあるエロスなので安心ですよ!!(誰が?)
月刊少年チャンピオンと言う恐ろしいまでに知名度のない媒体ゆえに知名度が無いのは仕方がないのですが、間違いなく少年向けアクション漫画としては出色の出来と言えるのではないでしょうか!もっと評価されていいはず!!

全編に力の入った傑作、「らいでん」最終第3巻は本日発売です!!
全3巻という短さの中にギュッと詰め込まれた完成度の高いこの一作、とにかく読んで見て頂きたい物です!
損はさせませんよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!





画像

本日紹介いたしますのはこちら、「バクマン。」第2巻です。
集英社さんの少年ジャンプ・コミックスにて刊行、週刊少年ジャンプにて好評連載中です。

作者は小畑健先生と大場つぐみ先生のタッグ。
「バクマン。」第1巻の紹介は1月13日の記事にて触れておりますのでよろしければご覧くださいませ。

第1巻でとうとうジャンプ編集部へと持ち込みに向かった二人。
早速第2巻では二人の漫画が編集者に評価されます。
辛らつな意見もあったものの、初めての持込、そして14歳と言う年齢を考えれば大健闘ともいえる編集者のメールアドレスを手に入れることに成功。
二人はますます意欲を燃やし、次の作品を作り出します。
ジャンプ最高のストーリー漫画賞である手塚賞に応募し、その勢いを残したまま更に新作を製作。
とんとん拍子で物事は進み、なんと読みきりで赤マルジャンプへの掲載が決まります!
ところがどうやら二人が素直に喜べない事情があるようです。
若干15歳の天才高校生漫画家と呼ばれる新妻エイジの引き立て役として載せられる節がある、とのこと。
その事実を逆に発奮材料とし、さらに作品の完成度を高めていく二人!
改心の出来に手ごたえをつかんだサイコーは編集者に、アンケートで一位を取ったら連載をさせてくれ、と持ちかけます。
果たしてそう上手く物事が進むのでしょうか?そして編集部の誰もが認めざるを得ない新妻エイジの実力は?
待望のアンケート結果が通知されます!!

物語の内容もさることながら、「バクマン。」の目玉は昔からいろいろとささやかれていた「ジャンプシステム」が明言されたことではないでしょうか。
今まで憶測こそ立てられ続けてきましたが、はっきりとその内情が明らかにされることがなかっただけに、非常に興味深い内容が次々に明かされるのは雑誌の内情を知りたい人にとって宝の山を発見した気分にも等しいのではないでしょうか。
連載作家には原稿料とは別に年間契約料が出ることや、アンケートで2割に投票してもらえる作品はいい結果が出る、アンケートは3回取られ希望する作家にはきちんと結果を伝える、などなどのここが知りたいと思われているところが次々と明かされていきます!
これは興味のある方にはやもたてもたまらないのではないでしょうか!!
しかしこんなにはっきりいろいろ描いちゃった作品を連載していてもいいんですかね?
画像

さすが編集長だ!含蓄がありますな!!!

ジャンプ史上稀に見る漫画家漫画、「バクマン。」第2巻は好評発売中です!
純粋なサクセス(するであろう)ストーリーに恋愛要素も加え、その上タブー視されていたジャンプシステムまで改名されていくこの漫画、漫画好きなら惹かれないはずも無し!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)
集英社
大場 つぐみ

ユーザレビュー:
ジャンプファンへの極 ...
サイバラ・フォロワー ...
ジャンプ編集部の挑戦 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「STEEL BALL RUN(スティール・ボール・ラン)」第17巻です。
集英社さんの少年ジャンプ・コミックスにて刊行、ウルトラジャンプにて大人気連載中!

作者は勿論荒木飛呂彦先生。
荒木先生作品は荒木飛呂彦のテーマ……ではなく、「ジョジョの奇妙な冒険」のテーマにてまとめておりますのでお時間など余裕がございましたらご覧になってみてくださいませ。

さて、第16巻ではルーシーの体にかの人物と思われる存在が受胎。
予想も付かない展開のまま第17巻へと続きました。
一方のジャイロは世界のナベアツのパクリ的なネタをやっていましたとさ。

というわけで第17巻。
ジョニィとジャイロ遺体を大統領側に渡さないため、Dioを追跡していました。
どうやらDioはこのフィラデルフィアの町に何らかの用事があるようで、町を出ようと考えてはいないようです。
そんなとき早速二人はDioの姿を見かけます。
挟み撃ちしようと二手に別れますが、なんとウェカピポの姿もあるではないですか。
とりあえずウェカピポは無関係だろうと無視し、Dioを追うことにした二人。
しかし二手に分かれた直後、ジャイロの前方と後方からそれぞれ男が近寄ってくるではないですか。
一方はどうやら大統領の刺客らしき男。
ジャイロはその男に気が付き、戦闘体勢に入ります。
ですが何故かジャイロは逆から来る男に一向に気が付きません。
そのもう一方の男は誰であろう、大統領だと言うのに!!
やむなく援護のタスクを放とうとするジョニィですが、その瞬間!ジョニィの顔に銃弾が打ち込まれました!!
その銃弾を打ち込んだ男はどうやらジョニィが知っている人物のようですが、読者には姿が見えません!!
くそう!流石だぜ荒木先生!!
息も絶え絶えなジョニィにその男は止めを刺さんとしますがジョニィは何とか回転の力で排水溝に逃げ込みます……

そしてジャイロは刺客の男との戦いを繰り広げます。
男のスタンド名は「チョコレート・ディスコ」。
そして男の名は
画像

……てきとうに決めたのでしょうか……?やっぱり両方とももとネタあるんでしょうか……
ともかくそのスタンドはあらゆるエネルギーや物体を自らが指定したスタンド能力が示す座標に落とす、という攻防一体の強力な能力を持っています。
ジャイロの鉄球すら返され、男は釘や硫酸を用いて的確な攻撃を仕掛けてきます!
果たしてジャイロはディ・ス・コを倒せるのでしょうか!?
そしてジョニィを救出できるのでしょうか!?

また、Dioとウェカピポはそれぞれの思惑を胸にしたまま出会います。
まける側につけばまた安住の地を失う、そう考えて誰の側に付くか考え込むウェカピポですが、あるきっかけでDioと手を組むことになってしまいます。
そのきっかけとは……大統領です。
大統領が彼らをまとめて始末しようと襲い掛かってきたのです!!
不可解極まりない大統領の能力に翻弄される二人。
おぼろげながら大統領の能力が明かされます……

と言うわけで今回も急展開に継ぐ急展開、圧倒的な面白さで物語は進みます。
いつもどおりの白熱のバトルに加え、今巻の肝はなんと言っても大統領の能力の謎解き。
?マークがいくつも浮かぶ、不可思議な能力にDio達だけでなく、読者も困惑すること間違いなしの能力は推理することすら許さないほどです!
その謎やDio&ウェカピポVS大統領のバトルの決着は次巻で明らかになるはずです!!
謎多き能力を、この第17巻を読み込んで予想すべし!!

ロマン・ホラー・真紅の秘伝説最新作、「STEEL BALL RUN」第17巻は本日発売です!!
文庫版ジョジョの奇妙な冒険も第6部まで刊行が終了し、文庫版とこのスティール・ボール・ランですべてのジョジョが気軽に体験できる今こそ未読の方が参加するチャンスですよ!!
ファンは勿論、未読の方は人生の26%(当社比)損しているジョジョシリーズ最新作、とにかく読むべしです!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス)
集英社
荒木 飛呂彦

ユーザレビュー:
半年振りの新刊ジャイ ...
大統領のスタンド、始 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「不死身探偵オルロック 完全版」です。
エンターブレインさんのビームコミックスにて刊行されています。

作者はG=ヒコロウ先生。
96年にかのコミックゲーメストにて本格的に漫画家としてデビュー。
ページ数の少ないショートギャグ漫画を主に描き、高いテンションとページいっぱいに詰め込まれたテンションの高いギャグが高い評価を受けています。
熱狂的なファンも多いのですが、原稿生産ペースが凄まじく遅く、雑誌連載を落とすことも日常茶飯事というフリーダムなところが玉に瑕。
現在はコミック・メガプラスにて連載をしているようですが……単行本は出るんでしょうか……?

さて、こちらの作品はエンターブレインより刊行されていたファミ通ブロスに連載されていた「プロフェッサーシャーボ」と「不死身探偵オルロック」を1冊にまとめたものです。
すでに一度完全版と銘打たれていない「不死身探偵オルロック」が刊行されたのですが、未収録であった12話~最終話を収録し、再刊行となりました。
「オルロック」の完全収録の変わりに4コマ形式で連載されていた「シャーボ」の前半は未収録となってしまっているのが残念ですが……

ヒコロウ先生をご存知の方には「いつもどおり」で説明できるこの作品ですが、知らない方は「なんかホラー漫画なの?」と思われるかもしれませんので一応作品の解説もしたいと思います。
主人公は表題とおり不死身の肉体を持つ探偵、オルロック。
彼が相棒の無口な幼女キャラ、アンデッタとともに数々の血塗られた怪事件を解決していく……!
と言うお話ではなく、愉快な仲間達となにやらひたすらドタバタとギャグを繰り返していく漫画です。
様々登場するキャラクターは個性豊か、と言うのとは少し違い、とにかくハイテンション。
なんというかハイテンションすぎて狂気の域にまで達しています!
1話とて例外なく繰り広げられるハイテンションギャグは、パロディありシモネタありの何でもありで、とにかく凄い勢いのまま最終話まで突っ走ります。
ブラックなネタからマニアックすぎるネタまでとにかく読者を選んでしまうきらいはありますが、周波数の合う人なら楽しめること間違い無し!
巻末には刊行当時連載していた「オダキュー」が収録され、ゲスト作家によるイラスト&メッセージも収録されてなんだかお特です!
なぜか同じ雑誌で連載していたと言うだけであすかあきお先生がコメントを寄せてるのがまたこの作品のカオス振りを加速させているような気もしますね!!!

とにかくハイテンションギャグ漫画、「不死身探偵オルロック 完全版」は好評発売中です。
この狂気すら感じるハイテンションぶり、未読の方はぜひ体験すべし!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!
画像



不死身探偵オルロック完全版 (ビームコミックス)
エンターブレイン
G=ヒコロウ

ユーザレビュー:
プロフェッサーシャー ...
何この事態!!?「何 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↑このページのトップヘ