3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

カテゴリ: 猪原賽・横島一

画像

本日紹介いたしますのはこちら、「くまがヤン」です。
少年画報社さんのYKコミックスより刊行されました。

作者は猪原賽、横島一の両先生。
前作「伴天連XX」や、「悪徒-ACT-」などの紹介は「猪原賽・横島一」のテーマにてまとておりますので、よろしければそちらもあわせてご覧くださいませ。

さて、本作は熊谷を舞台に、地元ラブあふれるヤンキーの奮闘を描く作品。
暑い暑い熊谷で繰り広げられる、青春ほとばしる主人公の生き様をありありと描いているのです!

その日も40.7℃という超高気温を記録した熊谷。
07年に記録した40.9℃を突破するか?という期待ももちあがるなか、3人組の高校生がバイクでコンビニへとやってきました。
買い物籠いっぱいのガリガリ君を購入するその中の一人、雁狩。
あだ名まで「ガリガリ君」と呼ばれている彼、毎日欠かさず自分の出身地の深谷で作られていると言うガリガリ君を食べている……と言うほどのガリガリ君好きです。
ですがそんな彼の本当の目当てはガリガリ君ではないのです。
コンビにであるバイトをしている女子大生の蜜柑。
画像

彼女と触れ合うため、そして告白するためのあるきっかけを求めてなのです!!

こんなに沢山のアイスをどうするのか、そう憧れの蜜柑さんに尋ねられたガリガリ。
「当たりがついているから」とごまかすのですが、それもあながちでまかせと言うわけでもないのです。
16年間365日、欠かさずガリガリ君を食べてきたと言う彼、なんと今まで一度もあたりをひいたことがないとか。
だからこそ奇跡を起こし、明日から夏休みである今日にあたりを引き、それを蜜柑に渡しつつ
画像

「当たり棒とあなたの心を交換してください」と告白する、と息巻いているのです!!

熊谷花火大会に2人で来たい……そんな願望を叶えるため、真夏なのに凍えそうになりながらアイスをむさぼります。
仲間にわけたほうのアイスにあたりが出ちゃったりもしているのですが、本人が当てなきゃ意味が無いだろと仲間もその事実を隠蔽してくれる友情もあり、ガリガリはひたすらあたりを求めるのです。
やむなく別のコンビニに行って、今度はガリガリ君を箱買い!
これだけあれば絶対あたりが出る!とほくそ笑みます。
確かにたいていの当たりつき菓子は一箱にいくつかあたりが混ぜられているもの。
そんな冷静な判断などガリガリはしていないんでしょうが、とにかくこれで当たり棒は手に入れられそうです。
ところがそんなとき、ひげのおっさんがガリガリに因縁をつけてきました。
画像

……いえ、おっさんじゃありません。
見た目はアレですが、これでも彼は高校1年生!
そして入学してすぐ一年生をまとめた腕前の持ち主だと言うのです!
新一年生ですぐ頭角を現すようなキャラと言えば、もはやそのまま学校の頭を目指すのはお約束。
彼もまたご他聞に漏れずトップを目指していたわけですが、ガリガリが学校で最強だと言う話を聞いてわざわざはせ参じたそうで。
いきなりガリガリにけんかを売るとは、と仲間の2人が立ちはだかるのですが、先生のキックは難なく避けられてしまいました。
取り巻きには用がないと言い捨てるおっさん。
対等のダチである仲間の2人はその発言にぶちぎれるのですが、当のガリガリは「誰が最強だろうとどうでもいい」「暑くてケンカなんかやってらんない」と相手にしようとしません。
ですが引き下がれないおっさん、じゃあケンカの理由を作ってやるとガリガリのバイクを奪って走り去ってしまうではないですか!!
そんなことをされてしまっては流石のガリガリも許せません!
大事な大事な、
画像

バイクに乗せられたガリガリ君が奪われてしまったのですから!!
バイクよりアイスかよ、と皆に突っ込まれつつ追いすがるガリガリ。
おっさんはとりあえずハンドルにかけられたアイス入りの袋を投げつけて逃げていきます。
それを拾っといてくれと仲間に頼み、ガリガリはひたすら追跡!
流れる小川を飛び越えるなどの必死の追走でようやくおっさんに追いつき、
画像

おっさんを一蹴することに成功したのです!!

ところがその時、蜜柑が通りがかりました。
友達がバイクでこけて……とその状況をごまかすガリガリですが、なんと蜜柑さん、
画像

男性とバイクを二人乗りしてどこかに行くところじゃありませんか!!
呆然と見送るしかないガリガリ。
ちょうどその時仲間たちが追いついてきて、先ほど投げつけられたアイスの中にあたりがあった、と報告してくれたのですが……時既に遅し。
ガリガリは蜜柑が幸せならそれでいいんだ、とその恋をあきらめ。仲間たちと3人で花火大会で絆を深めるのでした……

というわけで、ガリガリの青春真っ只中の様子を描く本作。
第1話にして恋破れてしまった彼ですが、この後も新たな恋(?)のお相手が登場したり、新たな学校のトップを目指す新人が登場したりと、のんびりする暇はありません!
あわただしい日常生活が過ぎ去っていく中で、ガリガリと仲間たちの出会い等過去のエピソードも明かされ、キャラクターもしっかり掘り下げられています。
一見すると暴れ放題なヤンキーにも見えるガリガリですが、その地元ラブぷりや筋を通す性格など、感情移入できる好漢だと言うことがわかるはずです!!
ちなみに恋に関してですが、蜜柑さんはガリガリのことを「かわいい」って言っているシーンが描かれていて、ひそかな両想いフラグがたっていたのに彼氏がいるというオチが待っていたわけです。
ですがあの男が彼氏だと誰が言ったのでしょうか!?
大丈夫、ガリガリの恋は終わりきってはいません!
ヤンキーモノに欠かせないケンカシーンやダチとの絆だけでなく、思わず応援したくなる恋にも要注目です!

そして本作のサブキャラを主役に据えた読切、「クルミ割りルミ」も同時収録!
猪原先生作品ではおなじみの描き下ろし4コマなども収録し、280P超の大ボリューム作品となっているのです!!

地元を心からアイスるガリガリの青春を描く、「くまがヤン」は好評発売中です!
日本でトップクラスの知名度を誇るアイス、ガリガリ君がキーアイテムとなっている本作。
ばっちり赤城乳業さんの許可も得ており、ガリガリ君お墨付きのガリガリ君の物語です!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


くまがヤン (ヤングキングコミックス)
少年画報社
猪原 賽

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by くまがヤン (ヤングキングコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像

本日紹介いたしますのはこちら、「伴天連XX」第3巻です。
エンターブレインさんのファミ通クリアコミックスより刊行されました。

作者は猪原賽、横島一の両先生。
本作の紹介は「猪原賽・横島一」のテーマにてまとておりますので、よろしければそちらもご参照くださいませ。

さて、府中宿へ「肉人」の調査に来た獅子緒たち。
やはり肉人は旧支配者で、「ニョグタ」なる異形の生物でした。
旧支配者の息のかかったものとも知らず、突然沸いた浴びればたちどころにどんな傷も治るという温泉の恩恵にあずかる住民。
それはすべてお庭番の老人と手を組んで人々をいけにえにささげ、最上位の旧支配者「ウボ=サスラ」を復活させようとする、平賀源内が糸を引いていたのです!

平賀源内の正体は、千の貌を持つゆえ「無貌」といわれ、様々な時代に姿を現しては混沌を招くという最上位の旧支配者の一、「ナイアーラトテップ」でした。
その底知れない力にザビエルは恐怖しますが、捜し求めている姫の行方を知っていると聞かされては黙っていられない獅子緒。
ザビエルによって封印を施されていた左腕のナイトゴーントを解き放ち、源内に切りかかります。
人間を捕食するだけのニョグタや、現在は知性を失って眠っているウボ=サスラならまだしも、現役バリバリの最上位旧支配者のナイアーラトテップと真っ向から戦うなど、まさに無謀!
ザビエルはとっさに大技を繰り出し、源内の動きを止めることに成功。
この隙に一旦この場を逃れようとするのですが、北斎がその為の乗り物をショゴスの筆で描き作ろうとした瞬間、墨壷を射抜かれてしまいました。
射抜いたのは一時協力関係にあったお庭番の由美。
由美は上司であるお庭番の老人の命によって、この場で獅子緒たちを含めたこの場にいる全員をニョグタのいけにえにするために足止めをしたのです。
しかし、老人に盲目的に従うだけと思われていた由美に異変が起こります。
ニョグタによって親を失い、由美を頼っていたこの町の少年だけは助けてやってくれないか、と自己主張したのです!
ですが老人は一切取り合わず、逆にその少年にくないを突き立てます。
その衝撃でバランスを崩し、力なく屋根の上から地面へと転落してしまう少年。
倒れ伏す少年を抱きかかえ、涙を流す由美。
他人に対して涙を流す、今まで見せたことの無い情をうかべたのです。
老人は「私」情を捨てられない弱い娘などもう要らない、と刃を振り下ろします。
が、その刃が由美に届く前に
画像

獅子緒が源内に振るうついでの刃で老人を両断したのでした!!

その勢いのまま源内に攻撃を仕掛けんとする獅子緒。
ザビエルはそれを押しとどめて逃げさせようとするのですが、その時ふと源内の懐に「クトゥルーへの道が拓かれる」という書物、「ネクロノミコン」が入っていることに気がつきます。
恐る恐るそれに手を伸ばすと、動けないはずの源内がむんずとその腕を掴みあげるではないですか!
クトゥルーが眠る地に何か用でもあるのか?と当たり前のように言葉を発する源内。
ザビエルの奥義も源内にとっては蚊が刺した程度の効力しかなかったのです!
源内が動き出し、いよいよやばくなってきた状況。
その上、先ほど切り捨てたはずのお庭番の老人が、その傷を不気味に再生させながら起き上がってきたではありませんか!
ニョグタの肉を将軍に献上する、そのかわり獅子緒たちを倒す。
源内とそんな契約をかわしていたらしい老人は、執念を見せ付けるのです。
ところがその契約相手の源内が
画像

老人に攻撃を仕掛けてくるではありませんか!
源内は気が変わったと言い放ち、あっさり老人との契約を反故に!
ちょっとした遊びをしようと言い放ち、近くの山に眠っていた
画像

ウボ=サスラを起こしたのです!!

ニョグタの水を浴びた人々は次々とその体内から出てきたニョグタに捕らえられ、ウボ=サスラの生贄にされてしまいます。
この地の人間の魂をすべてささげれば動き出し、やがて江戸百万の人間を蹂躙、知恵を取り戻すだろう。
老人が邪神と契約して数々の人々をだまし、痛めつけてまで手に入れようとしていたニョグタの肉。
その結果は町中の人々がニョグタにとらわれ、巨大すぎる化け物が屹立する地獄絵図でした。
ザビエルの信じる神が、ナイトゴーントを操る獅子緒が、旧支配者に何をすることができるのか。
源内は、それを見てみたいというだけでいともたやすく老人を裏切ったのです!
もしウボ=サスラの復活をとめることができたなら、獅子緒の求める姫の居場所を教えてやってもいいと言い出す源内。
ほんの座興だと言い放つ源内。
それを言い終わるのを待たず、獅子緒は
画像

源内の首を跳ね飛ばしました!!
そしてそのままウボ=サスラの元へ飛んでいくニョグタに飛び乗り、復活の阻止に向かうのです!!
もちろんその程度で死ぬ源内ではありませんが、残ったザビエルたちを無視して、ウボ=サスラ……神を相手にした奮闘振りを見物すると空へと飛び去ります。
しかしこのままでは、空たかくで獅子緒ひとりがニョグタ&ウボ=サスラ、そして下手をすれば源内も相手にしなければなりません。
頼みの北斎も墨無しでは空飛ぶ乗り物もかけず、悠長に墨をすっている時間もありません。
八方塞かと思われたその時、由美はそれへ行く方法があると言い出します。
その方法とは、いくらなんでも思い切りすぎた手段!
しかしそれにかけるしかない一同は、その手段にすべてをかけます。
予定されていた祭りで使われる予定だった、花火に乗って、爆発する前に空飛ぶウボ=サスラに飛び乗る、という大胆すぎる作戦に!!

しかしさすがの獅子緒たちも、復活したばかりで絶不調状態とはいえ、最高位の旧支配者相手では分の悪さが否めません。
絶対的不利な状況に、ひとり地上に残って墨をすっていた由美が、少しでも助けになればと神社に安置されていた「草薙剣」の封印をとき、墨とともに獅子緒たちへと送り届けます。
ところがその草薙剣は
画像

獅子緒の胸を貫いてしまうではありませんか!!
大ピンチを更に加速させる超大ピンチ!
獅子緒はどうなるのか?
ザビエルの攻撃は旧支配者たちに通用するのか?
墨不足に悩まされる北斎はどう出るのか?
航空で繰り広げられる戦いは激化!
想いもよらぬ展開を迎えることとなるのです!!

そしてこのあと、物語は最終章へ。
夢国(ドリームランド)なる場所へと向かった一同を迎えるのは、なんと
画像

学園モノ!?
わけのわからないまま、事態は更に急展開!
怒涛の勢いで物語はひとまずの決着を迎えるのです!!

というわけで、今巻で完結となる本作。
なんでも当初から全3巻の予定だったとのことで、一応予定通りの決着と言うことになるようです。
エンドシーンは「おれたちの戦いはこれからだ!」的ではありますが、ひとまずの決着はつきます。
強大すぎるうえ、ビッグネームが多数控えている旧支配者があいてなわけですから、決着をつけようとしたら相当なお話の尺が必要になってしまうのは必然ですから、この結末もやむなしでしょう!
まだ何も気もあっていないようですが、今後も読み切りなどで未公開のエピソードを発表していきたいとのことですので、期待し過ぎない程度に期待して待ちたいところですね!

和クトゥ折衷バトル時代劇、「伴天連XX」最終第3巻は全国書店にて発売中です!
大ボリュームの250P超で送る最終巻。
獅子緒の信念が呼び込む、熱い展開の連続は手に汗握ること必至!
クトゥルー好きも単なるバトル物好きも楽しめること間違い無しですよ!!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!


伴天連XX(3) (ファミ通クリアコミックス)
エンターブレイン
横島 一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 伴天連XX(3) (ファミ通クリアコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↑このページのトップヘ