本日紹介いたしますはこちら、「危さん」です。
読み方は「あぶさん」……すでに危険な香りが漂って来てますが、内容は更に危険です!

作者のどれえじゃっきぃさんは2000年くらいから精力的に性欲的な漫画を執筆なさっている漫画家で、全年齢向きの作品としては「錬金3級まじかる?ぽか~ん」のコミック版の作画を担当されました。
そんな先生の全年齢(?)向け漫画の最新作がこちら、「危さん」です!
青年誌の単行本だけど成人向けではないから……全年齢ですよね!ね!

さてこの「危さん」はロシアからの留学生「危(あぶ)」さんとそれを取り巻くさまざまな女の子がハチャメチャでドロドロでヌッチョンヌッチョンなトラブルを巻き起こすギャグ漫画。
掲載誌が「ヤングチャンピオン烈」ということもあり毎回ひどくカオスなお話が展開されております。
どこぞの姫君である危さんですが、何事にも動じず自らの萌えやらの信念っぽいなにかを貫いて毎日過ごしているご様子。
とりあえずトイレに入るときはすっぽんぽんになる主義らしい!
関係ないですが俺のいとこもトイレはいるとき下は全部脱いでます!……男ですが!
巨乳柔道少女の俵ちゃんやその幼馴染の巧くん、危さんに絶対のドス黒い欲望……いや愛情をもって奉仕する2メートルのメイドめい子さん、このあたりを中心にいろいろと危ない日常を送っていく漫画です……
が、終盤は3話より登場するろる子の出生の秘密を追う展開へとなって行きます。
そのろる子の母親はとても意外な人物なのですが、それは読んでのお楽しみということで!

主人公にもかかわらず自ら全裸になって人前で仁王立ちするわ、全身謎の白濁液にまみれて張り付けにされるわ、シュレディンガーの猫に例えられるお小水を全校生徒の前でするわ、そんな様々な危ないトラブルも動じず受け止めるわと大活躍する危さんは必見と言うほかありません!
性的な漫画家ならではのマニアックでディープなギャグをあなたも即体験だ!

……しかしタイトル的にも内容的にもこれにGOサインを出す秋田書店さんは本当に器が大きいなぁ。
むしろ脳みそに何か問題がおきているんじゃないかなぁ。……いい意味で。

正直店頭ではあまり見かけないのでさっそく注文しに本屋さんへ急げ!!
同じ秋田書店で連載している某大御所漫画家さんがビッグコミックオリジナルで長期連載しているアレと間違えられないようにしっかり著者と出版者の名前も告げましょうね!
「秋田書店から出ているどれえじゃっきぃ先生の『危(あぶ)さん』取り寄せてください!!」
そう大きな声で注文するんですよ!
これであなたもその本屋さんで噂になること間違いなし!!

危さん (ヤングチャンピオン烈コミックス)
秋田書店
どれえじゃっきぃ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ