3階の者だ!!

DEBがお送りするネタバレありのコミックス紹介ブログです。 短編物では一話にスポットを当てて、長編物ではこの後どうなるの?と言うところまで紹介しているつもりです!

本日紹介いたしますのはこちら、「ふぐマン」です。
集英社さんのジャンプ・コミックスデラックスにて刊行、スーパージャンプにて好評連載中です!

作者は徳弘正也先生。
1982年にジャンプでデビューし、「シェイプアップ乱」で人気を獲得。
後に連載した「ジャングルの王者ターちゃん」はジャンプの黄金期を下支えした名作で、アニメ化も果たしました。
1997年からは活躍の場をスーパージャンプに移し、連載した「狂四郎2030」はエロスとギャグ、重厚なドラマと激しいバトルを高いレベルで融合させた漫画史に残ってもおかしくないほどの大傑作で、その健在振りを示しました。
ただエロスありきの物語なのでどうやってもアニメ化やドラマ化が無理な為、一般的な知名度が低かったのが欠点といえるかもしれません……
ジャンプ黄金時代から衰えないどころかいまだ成長している稀有な漫画家と言えるのではないでしょうか。

そんな徳弘先生が2008年に連載を開始し、とうとう単行本が発売されました。
それがこの「ふぐマン」。
タイトルがてきとうすぎだろ常識的に考えて、と言う方も多いとは思います。
いいんです!
なぜならこれは徳弘先生自身が「十数年ぶりのギャグ漫画」と言っている、純然たるギャグ漫画なのですから!

正直言って十数年ぶりのギャグ漫画、といってもピンとは来ません。
狂四郎だってバンパイアだって1Pにひとつはギャグが挟まる、限りなくギャグ漫画に近い作品でしたから。
しかし、実は物凄く暗い話なのに真剣なシーンでもギャグをはさむという芸風が10年以上続いた先生、きっと肩の力を抜いてシリアスさが求められないギャグ漫画を描きたかったのではないでしょうか。
勝手な憶測ですけどね!!

とにかくギャグ漫画である今回の作品。
よく考えると前作、前々作ほどではありませんが物凄く暗い背景を持ってます。
なにせ主人公の虎ノ助は38歳童貞。
美人を前にすると物凄く上がってしまい、一切会話が出来ないほどの特殊なあがり症の持ち主で、そのことで物凄く悩んでいました。
そこで遺伝生物学博士の友人の助力(という名の人体実験)をうけ、ワイルドな虎の遺伝子をちょびっと入れてもらう決心をしたのです。
入れてもらった虎ノ助は身体能力が上がり、何より美人を前にしてもまったくあがらない体質に生まれ変わりました。
……が、実は入れてもらった遺伝子は「虎」でなく「虎ふぐ」のもの。
あがらなくなったのは偶然にすぎなかったのです。
しかもふぐの遺伝子の影響はしっかり出ており、虎ノ助のありとあらゆる体液には猛毒のテトロドトキシンが含まれてしまう体質へと変化してしまっていました。
奇しくも自分に自信を持った虎ノ助はもて始めていたのですが、順調に交際を進めてその後に行う行為……要するに道具無しのセクロス(○C ニチブツ)なんかをしますと、出された相手は死んでしまうのです!!

ところが底抜けに人がいい虎ノ助、遺伝子を間違えた友人を怒ることも無く(実際にはお詫びの品を要求しますが。性的な。)、今までどおり人類の為の未来エネルギーの研究を続けます。
なまじもて始めた為に性的に生殺しな毎日を送りつつ……

そんな感じで今作もしっかりとしたストーリー+エロス+ギャグが融合しているステキ作品となりました。
舞台設定や宿命なんかの世界的に重大な背景が無い上、虎ノ助がいい人なので重苦しい雰囲気はほとんどありません!
お話の展開も出会った美人女性キャラと虎ノ助がふれあい(精神的に。性的にもですが。)、女性が立ち直ったり未来への希望を持ったりする人情ものとなっています。
虎ノ助が話ごとに変わるヒロインに「虎さん」と呼ばれるあたり、あの超有名邦画をオマージュした作品なのは間違いありますまい!
あちらと違うのはエロス分多めなことでしょうか!
とはいっても下手すると殺しちゃうので戦々恐々としながらする訳ですが!!
まさに男はつらいよ!!です!

エロスにギャグにシリアスのハイブリッド漫画家、徳弘正也先生の最新作「ふぐマン」第1巻は大好評発売中です!
当時ターちゃんを読んでいた方々に、そしてシモネタに抵抗のない方に是非ともオススメですよ!
さぁ、本屋さんに急ぎましょう!!

表紙はこちら!!
画像

……これ表紙見て面白そうと思う人いるんでしょうか……?
勿体無いような……





本日紹介いたしますのはこちら、「霊媒師いずな」第2巻です。
集英社さんのジャンプ・コミックスデラックスにて刊行されています。

作者は勿論真倉翔先生&岡野剛先生。
両先生の簡単な紹介と「霊媒師いずな」第1巻の紹介は08年9月29日の記事にて記述しておりますのでよろしければご覧くださいませ。

さて第1巻では高校生へと成長し、1人前(?)となったいずなの活躍が描かれました。
その活躍たるやなかなかのもので、ぬ~べ~ふぁんも納得の一品。
ネットでも話題に上ることの多い作品でした。
……おもにエロスな話題で!!

そう来ればそういうのが好きで好きでたまらない(と思われる)
ところがどっこいしょ、第2巻ではエロス要素が控えめに!!
どちらかと言いますといい話系が多く展開しています。
ぬ~べ~の頃を思わせる妖怪と人間との絆の物語があったり、巨大な怪物との戦闘シーンがあったり、当時ちょくちょく登場していた座敷童が再登場していたりと旧来のファンが興奮を隠せないシーンが盛りだくさんに。
あ、ぬ~べ~自身も滅茶苦茶ちょい役で出てますよ!
帯にも「第1巻メガヒットにつき大増刷!!」と書いてありますし、注目度が高まったことによって路線変更したのでしょうか!?
……いや、ちがいます。
控えめになっても連載は青年誌。
エロス要素が控えめになってもしっかりとその存在が浮かび上がる、濃いものになっているのです!!
今回もいずなの服は普通に破れますし(むしろ破らせます)、少年ジャンプ時代には自重(?)していた乳首もバリバリ出してます。
依頼者が泡の国のお姫様な事件があったり、いずながとある事情により裸エプロンになったり、「私…あなたと一つになりたい!」などと発言したりと、青年誌じゃないと出来ないよね!というエロスぶり!!
ではなんでエロス要素が減ったように感じるかと言うと、やはりストーリー構成が変わってきたからではないでしょうか!
前巻ではエロス要素だけしか印象に残らない話も多かったものの、今回は趣向を凝らし、依頼者にそれぞれしっかりしたドラマが感じられて物語として洗練されたような!
きっと二人のタッグが以前のリズムを取り戻して来たに違いありますまい!
今後ますます面白いストーリーと、調和しつつもひときわ輝くエロスが見られることでしょう!

そんなわけで今回もぬ~べ~ファン感涙間違い無しの「霊媒師いずな」第2巻は本日発売です。
当時の味をそのままに作り出される新たなぬ~べ~ワールドを楽しむべし!
単行本の書下ろしは見開きイラスト(バスローブ一枚のいずなですぜ)一枚と少な目ですが、掲載が不定期なこの作品をまとめて読めるだけで買う価値有り!
さぁ、本屋さんに急ぎましょうか!!

表紙はこちら!!
何も知らない当時のファンをぬ~べ~で釣る気マンマンですな!!
画像




霊媒師いずな 2 (2) (ジャンプコミックスデラックス)
集英社
真倉 翔

ユーザレビュー:
期待通り1巻を読んで ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「破壊魔定光」です。
集英社さんのヤングジャンプ・コミックス・ウルトラにて刊行されています。

作者は中平正彦先生。
中平先生とその著作、「さくらがんばる!」の紹介は12月28日の記事にて紹介しておりますのでお時間等ございましたらご参照くださいましたら幸いでございます。

さて、こちらの作品。
偶然に怪物と出会った主人公、定光は同時に出会った謎のマスクとともに怪物たちを倒していく、と言う単純極まりない作品……と思わせておきながら実は様々な謎と衝撃的な事実が次々と明らかになり、時空を超越した物語になるのです!

なぜか地球に続々と落ちてくる宇宙人、流刑体。
人間達と交渉の席に着くような温和なものからまともに会話すら出来ずに人間を殺し続けるもの、地球の大気になじめずすぐに絶命してしまうものなど様々な流刑体が地球にやってくるのですが、その数なんと2000万。
定光は流刑体を回収する目的でやってきたデータ生命体とともに戦うことになるのですが、どんな怪物でも殺しはスッキリしないという性分を持つ定光は苦戦しつつも流刑体を宇宙に飛ばす「回収」を続けます。
そんなとき現われた少女、やよい。
彼女は定光以上の戦闘能力を持つ兵器、ヴァルチャーを使い流刑体をたやすく葬っていきいます。
しかしそれ以上に驚くべき事実が判明しました。
やよいは特殊な装置を使って自らの時間を無限に切り分けた定光の亡き母そのもののひとつだと言うのです。
挙句に定光が戦ってきた流刑体は同じように別次元に存在する定光が変質したものである、と!

その後現われる謎の敵に定光は命を狙われることになります。
それは流刑体と戦い始めた定光が発揮し始めた能力を恐れてのこと。
能力、とはいわゆる予知能力で、数秒後などの極近い未来を完全に予知できるというものです。
なんだ、たいした能力じゃないね、と言う方は真っ当な漫画読みだと思います!俺もそうです!
ところがこの平行世界を扱った「破壊魔定光」では違うんです。
完全なる予知というのは定光が予知した未来以外の存在を許さなくなると言うこと。
つまり定光が予知をするたびにいくつかもわからないほどの平行世界が崩壊していると言うことなのです!
その崩壊の余波は定光ややよいにまで及び、体に亀裂が走り始めます。
それを防ぎ、全てを元のままに返すには現況を作った人物を消すしかありません。
TFTという装置を作り出した人物、神代やよい……亡くなった定光の母を……

というわけで現代漫画誌で数少ない本格SFバトルマンガ、「破壊魔定光」は全12巻が発売中です。
wowowでアニメが放映されましたが、アニメ版とは全然違う漫画版はかなりいろいろと濃く、必見の価値有り!
上に紹介した以外の「敵」の正体や奥深いドラマ、数々の凄まじいバトルと欲張り極まりない内容の傑作ですよ!
やよいだけでなく、青い肌の人造幼女コオネなんかも出てきまして萌え要素もあります!安心してください!!(なにを?)
その真価は2巻以降に発揮されますのでとにかく是非とも2巻までは読むべし!
表紙がギラギラしてて集英社さんもイチオシだ!(多分)
さぁ本屋さんに急ぎましょう!


破壊魔定光 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)
集英社
中平 正彦

ユーザレビュー:
ヤンキーテイストとハ ...
説明力あらすじは他で ...
宇宙人VS不良少年宇 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日紹介いたしますのはこちら、「アリスの100℃C(ひゃくどしーしー)」です。
秋田書店さんのチャンピオンREDコミックスにて刊行されています。

作者は中嶋ちずな先生。
2006年に「いいなり!あいぶれーしょん」でマンガ界に激震を起こした漫画家です。
何が激震って、扱う題材が「お漏らし」なんです。女の子の。
しかもそれを当たり前のように少年誌でやるんだから恐ろしいもんです。
そんな漫画界を戦慄させた作品「あいぶれーしょん」は2007年秋に休載。
一向に再開する気配を見せないまま2008年にこの「アリスの100℃C」の連載が始まりました。
……あのチャンピオンREDで……!

中嶋先生と秋田書店の赤い核実験場がタッグを組んだのですからただで済むわけもありません。
それはそれは恐ろしいお漏らし漫画が誕生しました!
少年誌の限界に挑戦する漫画が……といっても「あいぶれーしょん」とほとんどおんなじノリなんですが!

ではどんな漫画かと申しますと、様々なトラウマを持つ女の子と主人公がお漏らしの絡んだトラブルに巻き込まれていくというもの。
すでに頭がどうにかしていることがわかると思います!
しかもそのトラウマと言うのが「何かをきっかけにおしっこがしたくなる」というものばかり。
もう徹頭徹尾おしっこです。
更にそのトラブルと言うのもお漏らしがらみばかりで、主人公ですら尿関係に特化した陰陽師、陰尿師と言う設定なんですから参ったもんですよ!
その能力は女の子の衣服を下着に変化させるとか、女の子の香りをかいで能力を高めたりとか、もう変態街道まっしぐら。
終いには女の子のおしっこを浴びて「女の子のおもらしは…恋の病以外なら何でも治す!」ですから。
もう手遅れです!!

変態街道まっしぐらな漫画ですが、なんのかんの言って恋愛要素やら大きな事件やらもあって物語に起伏もしっかりと存在します。
もちろんそっちもアレですが!
最後のエピソードのわけのわからない盛り上がりぶりは特筆ものといわざるを得ません!
なにせ降りしきる式神の尿の雨の中、女の子達の尿をちょっとづつわけてもらって空跳びますからね!!
何を言ってるかわからねーと思いますが俺も何を言ってるのかわかりません!!
怒ったことをありのままに話しているだけです!!
他にもここで書くことをはばかられるくらいギリギリな内容が満載!
そもそもカバーからお漏らししてますからね!
本当に大丈夫なんですかこれ!
チャンピオンREDは頭がどうにかしているとしか……!

というわけで(頭が永遠に)少年(な大人たちが狂気の中作っている)誌、チャンピオンREDがお送りする、最先端お漏らしラブコメディ「アリスの100℃C」は「全国書店さんにて発売中です。
人類の(黒)歴史に残るであろう稀代の作品を見逃す無かれ!!
さぁ、今すぐ本屋さんにダッシュです!


アリスの100℃C (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店
中嶋 ちずな

ユーザレビュー:
秋田書店の攻撃的姿勢 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


で、「アリスの100℃C」のタイトルの意味って結局……?

本日紹介いたしますのはこちら、「神宿りのナギ」です。
角川書店さんの角川コミックス・エースにて刊行、エースアサルトにて連載中です。

作者は三部けい先生。
三部先生の紹介は12月24日の記事に、前作にあたる「カミヤドリ」の紹介は12月30日の記事にございますのでよろしければご覧になってくださいませ。

さてこちらの作品、前述したように12月30日に紹介しました「カミヤドリ」の続編で完結編にあたります。
前作「カミヤドリ」では多くの謎を残したまま終了を迎えました。
え?終わり?あれって誰がやったの?あの人はあの後どうなったの?という疑問点が多いままの終了におどろきとまどった読者の方も多いはず。
そして連載終了後1年の後、雑誌をエースからエースアサルトに移し、更に主人公を変えての続編が始まったのです!

世界観や状況などはほとんどそのまま。
第1巻から登場人物紹介的なものがあったり、用語解説に「カミヤドリ1~5巻を読むと更に詳しくわかります」とか描いてあったりすることからもわかりますね!
その変わった主人公というのがまだ少年であるものの恐ろしいほどの才能を見せる、ナギです。
戦闘能力の高さや純粋さ、更にカミヤドリによって異形へと変わった人間への容赦の無さは前作の萌え……もとい主人公核キャラであったヴィヴィを彷彿とさせます。
ナギがヴィヴィと出会い、そしてコンビを組むことになるのですが……それは運命のようなものなのかもしれません。

第1巻ではほとんどがナギの能力の片鱗を見せることとヴィヴィとの出会いに割かれているため、これから始まるであろう物語の導入部に終始しています。
ですがその導入部にすら意外な人物の退場や今後に関係するであろう謎が散りばめられており、導入だけにとどまらないドラマを味あわせてくれます。
ナギとヴィヴィという凄まじい才能を持つ子供同士という、危なさを感じさせるコンビの今後の活躍(トラブル?)が楽しみでたまりません。
相変わらずの魅力的な絵柄も健在で、第1巻には少なめの女性分を補って余りある迫力のバトルシーンはステキですよ!

前作のキャラも続々と登場し、これから来るであろう壮絶な物語に機体を隠せない「神宿りのナギ」第1巻は好評発売中です。
書き下ろしのおまけマンガに加え甘露樹先生とみつみ美里先生の寄稿などもありまして痒いところに手の届く一冊に仕上がっております。
今回もヴィヴィははいていません!フヒヒ!
女性キャラに萌え、バトルに燃え、衝撃の展開にドッキリすべし!
さぁ、本屋さんにダッシュです!!


神宿りのナギ (1) (角川コミックス・エース 112-8)
角川グループパブリッシング
三部 けい

ユーザレビュー:
祝・シリーズ再開好き ...
前作のファンなら必読 ...
ついについにカミヤド ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↑このページのトップヘ